GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2019.06.25

【アイヴァン】鈴木亜久里「久々に出合った感性を刺激するデザイン」  男を起動させる眼鏡#4

1972年の設立以来、一貫して日本(福井県・鯖江)製の高品質なアイウエアを生み出し続ける「EYEVAN」。その眼鏡をかけた熱き男たちを写真家・操上和美が撮り下ろす連載。

PERSON 04
ARTA Project プロデューサー/総監督 鈴木亜久里

鈴木氏が装着する眼鏡は、EYEVAN「Robert」¥40,000

過酷なレースを勝ち残るには、眼という武器をフル活用する必要がある。生来優れた視力を持つ鈴木氏だけに、これまで所有してきたアイウェアの多くは、眼鏡よりサングラスだったと振り返る。

「それでも少し前から老眼になり、いわゆる眼鏡も選ぶようになりました。ただし眼鏡に頼らない生活が長かったせいか、重量を感じるフレームは少々苦手。すぐに顔からはずして、そのまま置き忘れてしまうことも(笑)」

今年59歳になる鈴木氏だが、日本人初のF1表彰台獲得をはじめとする、数多くのレースを制してきた鋭い眼力は今だ衰え知らず。

「自分でも少し目つきがキツいと感じることがあるんです。だから眼鏡は視力補正器具でありながら、同時に表情を和らげてくれるものであって欲しい。この1本はショップを訪れてすぐに目に留ったもの。これまであまりトラッドなデザインは選びませんでした。しかし、このモデルは新鮮かつ自分にマッチする1本と強く感じたのです。服やクルマも直感で選んできた僕ですが、昨今はそういう心に響くアイテムが少なくなったように思います。このモデルは少し賢そうに見えるという意味でも、グッと刺さった1本です(笑)」

Aguri Suzuki
1960年東京都生まれ。’88年に日本GPでF1デビューを果たすと、’90年の日本GPでは日本人ドライバーとして初めて、3位表彰台を獲得。現在は、世界に通用する日本人ドライバーの育成を目的としたARTA Projectでプロデューサー/総監督を務め、SUPER GTに参戦中だ。

問い合わせ
EYEVAN PR TEL:03・6450・5300
http://eyevaneyewear.com/

TEXT=長谷川 剛

PHOTOGRAPH=操上和美

HAIR&MAKE-UP=須賀元子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる