MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.05.02

音楽とアートに包まれる「ノーガホテル 清水 京都」が4月にオープン!

京都駅からタクシーで10分、清水寺まで歩いて行ける京急本線清水五条駅近くに、今年4月1日、新しいホテルが誕生した。それが「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO(ノーガホテル 清水 京都)」だ。NOHGA HOTELは野村不動産ホテルズが直営するホテルで東京上野、東京秋葉原に続く3店舗目で関西初出店となる。デジタル&家電ライターのコヤマタカヒロが、家電目線でホテルをリポート!

食、アート、音楽が楽しめる空間

去る4月1日、「ノーガホテル 清水 京都」のグランドオープンの直前に、一足先に泊まってきました。ホテル入り口の左右には京都ならではの町家が並び、エントランスは和のあたたかさとエレガンスなデザインが調和しています。

京都の景観とマッチしたホテルの外観。

そして客室へ。 部屋数は全部で207室。 最も多いのがダブルで、4バリエーション102室、ツインは3バリエーション、100室、その他ユニバーサル3室、ジュニアスイート、NOHGAスイートを用意しています。今回は、デラックスツインに宿泊しました。

デラックスツインには1200×2030mmのベッドが2つ。エキストラベッドを追加することで3名での宿泊も可能です。シモンズのマットレスと羽毛のピロ―が京都観光で疲れた体をゆっくりと休ませてくれます。

この他、大きめのソファーとオットマン、テーブルを備えた過ごしやすい上質な空間。目を惹くのは、廊下だけでなく客室内にも展示されるアートです。京都に縁のあるアーティストが手がけた作品が多くあり、どんなアートに出合えるのかも、ホテル滞在の楽しみの一つになりそうです。

今回宿泊したデラックスツイン。33-39m2と広く、複数で泊まっても快適。

こちらがジュニアスイート。リビングスペースと寝室が区切られていました。

NOHGAスイートはミニキッチン付きのダイニングとリビング、そして寝室で構成されています。

こちらがNOHGAスイートの寝室エリア。奥に洗面や浴室など水回りがあり、導線もスムーズ。

NOHGA HOTELのベースコンセプトの一つが「食」「音楽」「アート」、そして「サービス」と「おもてなし」の追求。先に伝えたように、ホテル内の様々な場所にアートが展示されています。客室の廊下はギャラリーと見立てられており、階ごとに定められたテーマに沿った作品が並んでいます。これを見て回るだけでも、いつもとはちょっと違う京都観光になりそうです。

廊下に並ぶアートの数々。様々な作家の作品が展示されている。

そして音楽です。館内にはオリジナルのBGMが流れており、客室にはそれぞれの部屋に応じた高品質なオーディオ機器を配置。手持ちのスマートフォンを接続して ワイヤレスで高音質サウンドを奏でることができ、NOGHA スイートにはレコードプレーヤーが備え付けられているので、京都の地でアナログサウンドに包まれる体験が味わえます。

ジュニアスイートには真空管アンプを装備したオーディオが置かれていました。

NOGHA スイートのレコードプレーヤーとオーディオ。厳選したレコードも置いてあります。

ロビーやレストランにはホテルのために作られたオリジナルスピーカーを配置。

ホテルの設備として注目したいのが、メディテーション(瞑想)ルームを用意していること。ホテルからほど近い、建仁寺の副住職が総合プロデュースしています。照明とBGM、アロマの香り漂う洞窟のような空間で、ゆっくりと瞑想することができます。1回のプログラムは30分。事前予約制で瞑想体験を。

建仁寺の副住職・伊藤東凌さんがメディテーションプログラムから空間全体までプロデュース。胎内回帰によるリセット、再構築ができる。

極京都の夜を一望できるルーフトップバー

「ノーガホテル 清水 京都」の魅力の一つが、イタリアンをベースにしたレストラン「CICON by NOHGA HOTEL」です。士魂商才(武士の精神と商人の才能を兼備すること)から名付けた店名。

グリルとオーブン料理が同時にできるスペイン製のチャコールオーブン「Josper」をキッチンに採用しています。チャコールオーブンは、知る人ぞ知る世界的にも珍しい『炭火のみを熱源』味わえる設備で、地元の京野菜をはじめ、海鮮、肉料理などの素材の旨みを引き出す炭火焼きが楽しめます。

ブレックファストからランチ、ディナーまで様々なメニューを用意するホテル内レストラン。

真蛸やカンパチ、牡蠣などセビーチェの3種盛り。

この日の魚料理は真鯛のアクアパッツア。これも「Josper」で焼き上げたもので炭火の香りが食欲をそそる上に、魚の身がジューシー。

生ハムの盛り合わせもCICONで頼みたいメニューのひとつ。

京都産の京鴨ロースも「Josper」で絶品に仕上がっていた。

京野菜のグリルの盛り合わせなど、人気メニューの数々。

飲み足りなければ、ホテル最上階にあるルーフトップバーへ。清水寺、京都タワー、比叡山の山並みなど、京都市内を一望することができます。手軽につまめるタパスや生ハム類を食べながら、国内外のナチュラルワインやホテルオリジナルカクテルをいただく。これから京都の夜風が最高に気持ちの良い季節なので大活躍すること間違いなしです。もちろん、各テーブルにガス暖炉が設けられているので、寒い夜もゆっくり過ごせそう。

ゆっくり休んだ翌朝はCICONでのブレックファストが待っています。もし観光の予定や仕事が朝から詰まっている場合も安心。フロントの向かいには約50種類のパンやサンドイッチなどを用意するベーカリーをロビーに併設しているので、さっと美味しいパンを買って京都観光に赴くことができます。

観光都市、京都には様々なホテルがありますが、NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOはその中でも、より多様な京都の魅力を体感できる、創造力を刺激するホテルとして話題となりそうです。

京都市内が一望できるルーフトップバー。軽食も用意している。

ブレックファストの1つ、モーニングプレート(ミート)。FISHや、サラダプレートなども選べる。

ロビーにあるベーカリー。国産小麦をつかったカンパーニュなども用意。

NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO
住所:京都府京都市東山区五条橋東4丁目450番1号
交通:京阪本線「清水五条」駅4番出口より徒歩7分
「京都駅」より2.2km・車にて10分

TEXT=コヤマタカヒロ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]8月号が6月23日に発売となる。総力特集は、ビジネス魂に火をつける高級腕時計。そのほか、海を愛するエグゼクティブたちのための海特集も必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる