MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.04.21

【スペシフィック 森木恭平】敏腕スタイリストが提案! 経営者が新しい服に着替えたら

激動の時代といわれ、物事の変化も目まぐるしい現在。経営者には新しさへの柔軟な対応力が求められている。そんな現代の経営者に、第一線で活躍するスタイリストが新しい服と着こなしを提案。未知のフェーズに挑戦することで、新たな自分を発見し、自己を活性化させる。その先にこそ、奥深く豊かなスタイルが見えてくる。

スペシフィック 代表取締役社長 兼 CEO 森木恭平

スペシフィック 代表取締役社長 兼 CEO 森木恭平 × スタイリスト 石黒亮一 × ETRO

障害者雇用バンクをはじめとし、障害者用のインフラサービスとして多くの人と企業をつないできた森木氏。芸能人やアーティストからの信頼も厚いスタイリスト石黒氏は、パワフルで上質なエトロの服により、その人間的魅力を明確に際立たせた。

時流に流されない大人の上質感と上品さ

「クリエイティヴ・ディレクターであるキーン・エトロ氏の芸術性がいかんなく発揮されているエトロのメンズコレクションは、いつもパワフルで独創性に溢れています。一方で森木社長も写真で拝見し、表情や佇まいにひしひしと力強さを感じました。これはきっと相性がいいのではと思い、今回マッチングさせていただいたのです」(石黒氏)

障害者雇用におけるリーディングカンパニーであるスペシフィックを率いる森木氏は、体育大学出身。今もスポーツをこよなく愛し、フィジカルな力強さのなかに、人材を扱う仕事には不可欠であろう、人を突き動かす人望や情熱を秘めている。そんな森木氏は最近、装い全体がラフになりがちだという。

「エトロは鮮やかなショールが好きで、何枚か持っています」と森木氏。来店は初めてという銀座本店にて、石黒氏とコーディネイトを組んでいく。

「普段の通勤はカジュアルかオフィスカジュアルがほとんどで、必要に応じてオフィスに備えてあるスーツに着替えるようにしています。休日はカジュアルが基本ですが、子供と一緒なのか、またはひとりで過ごすかによってなんとなく服装を替えるように心がけていますね。子供と遊ぶ時はアクティブにしたり、プライベートではリラックス感を優先するなど。いずれにしろ、近頃はリラックスしたラフなスタイルが多くなっています。楽な服はルーズになりがちなので、気をつけねばとは思っているのですが」(森木氏)

ファッション業界全体でリラックス感が重視される傾向にある昨今。プライベートだけでなく、オフィスにおけるドレスコードもスーツ一辺倒ではなくなってきた。そんな時代だからこそ、エトロのようなブランドの存在意義は大きいと、石黒氏。

「確かにゆったりめのシルエットでリラックス感を演出するような傾向は、近年のトレンドのひとつです。それらを取り入れつつも、エトロの服は素材の上質感や絶妙な色使いなどによって、どこか上品で大人らしく見える。大人ならこうしたブランドを選ぶべきです」(石黒氏)

そんなエトロの服と石黒氏のスタイリングに新しさと上質な大人らしさを実感ながら、森木氏は他にも得ることがあったという。それは明確なサービスや具体的なアクションを提供すべく名づけた、「明確な、特定の」という意味の社名“Specific”にも通じることであった。

「服のプロにきちんとコーディネイトしていただき、オン・オフだけでなく、今まではなんとなくであった、多様なシーンで装うべき服装のイメージが明確になりました。服選びの世界観も広がったし、今後は取り入れていきたいですね」(森木氏)

遊び心を利かせたプライベートで出かけたくなるスーツ

遊び心を利かせたプライベートで出かけたくなるスーツ

ジャケット¥253,000、パンツ¥116,600、シャツ¥42,900、タイ¥34,100、ベルト参考商品、靴¥102,300(すべてエトロ/エトロ ジャパン TEL:03-3406-2655)

サッカーで鍛えた身体により、既製品ではなかなか体型に合わず、普段スーツはオーダーで仕立てることが多いという森木氏。「体型がしっかりしているので、スーツがとてもお似合いですね」と石黒氏が言うように、エトロのスーツはぴたりと合った。「仕事以外で着て出かけたくなるスーツです。普段は無地ばかりなので新鮮」(森木氏)。

目を引くパターン・オン・パターンのコーディネイト術

目を引くパターン・オン・パターンのコーディネイト術

ジャケット¥308,000、パンツ¥163,900、Tシャツ¥80,300、チーフ¥19,800、スニーカー¥83,600(すべてエトロ/エトロ ジャパン)

「このスーツを見た瞬間、森木さんに絶対似合うと確信しました。結果は思ったとおり。一部ロゴになったユニークなストライプですが、色を合わせ、柄の幅を変えればボーダーとも合います」(石黒氏)。ストライプ×ボーダーの力強い組み合わせが森木氏にマッチ。ややワイドでリラックス感のあるスーツに袖を通すのも初めてだそう。

大人の休日にふさわしいリラックスと上品さのバランス

大人の休日にふさわしいリラックスと上品さのバランス

シャツ¥61,600、セーター¥86,900、ジーンズ¥83,600、サンダル¥113,300(すべてエトロ/エトロ ジャパン)

森木氏はゴルフやサーフィンも嗜むという。そんな森木氏のプライベートタイムを意識したのが、青を基調としたスタイルだ。「サーフィンをされるということなので、ブルーとホワイトでマリンテイストを表現しました。シャツベースなのでリラックス感がありつつも上品で、海沿いのホテルやレストランでも通用します」(石黒氏)。

全体のトーンになじませて若々しいカラーにトライ

全体のトーンになじませて若々しいカラーにトライ

ブルゾン¥163,900、パーカ¥94,600、パンツ¥61,600、スニーカー¥94,600(すべてエトロ/エトロ ジャパン)

「少し日焼けされた森木さんの肌色には、淡いピンクのパーカがよく似合います。難しそうに感じるアイテムですが、アースカラーでまとめ、全体のトーンを合わせるとピンクが際立たず、大人っぽく着こなしやすいはずです」(石黒氏)。森木さんは普段着ない色だそうだが、着てみて思いのほか気に入り、パーカの購入を決めていた。

 

エトロ 銀座本店
住所:東京都中央区銀座6-6-1
TEL:03-5537-3443
営業時間:11:00〜20:00(日曜のみ〜19:00)

 

KYOHEI MORIKI
1985年広島県生まれ。大学卒業後にインテリジェンス(現パーソルキャリア)へ入社。ソーシャル部門の立ち上げなどさまざまな功績を残す。2014年にはサーキュレーションに創業役員として参画(ʼ21年7月東京証券取引所マザーズへ上場)。ʼ16年4月にスペシフィックを創業。障害者雇用に力を入れる。

RYOICHI ISHIGURO
1971年愛知県生まれ。ʼ96年にスタイリスト野口強氏に師事。2000年の独立後は、雑誌やミュージックビデオ、CMなどで活躍中。Bʼz、神はサイコロを振らないなどのアーティストや本誌では中井貴一や武井壮、SKY-HIなど、著名人のスタイリングも数多く手がける。

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=前田 晃(MAETTICO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる