GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.04.27

オーダーシューズの最高峰! ジョンロブのフルオーダーが男を魅了する理由

ジェームズ・ボンドが身につけるアイテムは、ほぼすべてオーダーメイド。俊敏な身のこなしと華麗な佇まいは、寸分違わぬ“自分仕様”の為せる技なのだ。そんなタフな男が行き着く先、一級品のオーダーメイドの世界を紹介する。

極めればオーダーメイド

甲だけで3ヵ所など採寸は詳細だ。

足と一体になり、芸術品のように美しい

デザインを一から起こし、オーナーの足に合わせた木型を製作する、“フルオーダー”と呼ばれる最高峰のオーダーシューズ。

靴の命である木型

靴の命である木型には創業以来培った技と美意識が凝縮されている。

そこで時折耳にするのが、「フィット感はいいが美しくない」という感想だ。人間の足のフォルムは人それぞれであり、美しい人もそうでない人もいる。左右も不均一だ。ゆえにそのまま木型にして靴を作ると、不格好になることが多々あるのだ。

切れ目を入れた仮縫いサンプル

履いた状態を観察できるように、切れ目を入れた仮縫いサンプル。

だが、ジョンロブ パリのフルオーダーシューズ「ビスポーク」で誂える靴は、この上ないフィット感と芸術品のような美しさを兼ね備えると称えられる。そこにはオーダーシューズを発祥とする稀有なブランドとして、150年以上も培ってきたノウハウが集約されているのだ。

「ベケッツ」

映画『007』でダニエル・クレイグが履いた「ベケッツ」など、既成モデルをベースにアレンジもできる。

通常は年3回パリより来日するマスターブーツフィッター、または本国でトレーニングを受けた日本のシューフィッターが承るジョンロブのビスポーク。その採寸は非常に詳細であり、立った状態と座った状態のフォルムの違いや土踏まずの深さまで、徹底的に三次元計測を行う。

スエードやエキゾチックレザーも用意

フルグレインカーフをはじめ、スエードやエキゾチックレザーも用意。

その後にデザインと素材を決めてパリにデータが送られ、約4ヵ月後にトライオンと呼ばれる仮縫いサンプルが到着。試着できるが、そのあとが圧巻である。

試着した際の写真や動画もパリの工房へ

書類だけでなく、現在は試着した際の写真や動画もパリの工房へ送るそう。

サンプルにナイフで切れ目を入れ、通常では見えない履いた状態のフィッティングを観察するのだ。このようにして得たデータはフィッティングドキュメントにまとめられて再び本国の工房に返送されるが、その際は単に計測した数値を機械的に伝えるのではなく、靴としての美しさを細部まで考え、美的な調整を綿密に織りこんでいくという。

ビスポーク専用ツール

マスターシューフィッターに支給されるビスポーク専用ツール。世界で3人しか持っていないという。

それはシューフィッターとしての技術だけではなく、そこに伴う高い美的感性がなければできないこと。そしてブランドとして掲げる美の基準が確立していてこそ表現できることに違いない。

オーダーサンプル

オーダーサンプルも豊富に揃う。¥1,300,000~〈オーダー価格〉

こうして約8ヵ月後に届けられる無二のオーダーシューズは、足と一体になるような未体験のフィット感をもたらし、オブジェのような三次元の曲線美を足元に描きだすのだ。

 

問い合わせ
ジョンロブジャパン TEL:03-6267-6010

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=田中駿伍(MAETTICO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

cover 6月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

4月24日(土)発売『ゲーテ6月号』の総力特集は、「藤田晋、ワインに熱狂中」。新時代の移動様式「自転車特集」や中田英寿と内田篤人による「”生き方”対談」もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる