MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.04.01

即完売! ロールス・ロイス、レイスの最後のモデルとは

ロールス・ロイス史上指折りの革新的なクルマであるレイス。その生産終了を記念したモデル「ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー」が発表された。

ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー

発売前に伝説のモデルに。ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー

2013年に登場し、ロールス・ロイスの本拠地である英国グッドウッドで設計・製造されたモデルの中でも、特に重要で影響力のあるモデル、レイス。

先代のファントムやゴーストよりもパフォーマンスを重視で、ロールス・ロイスに対する認識を根本的に変え、新たな若い顧客層の獲得に貢献した。

そんなレイスの最後のモデルであり、オール・エレクトリックの未来を見据えて製作される最後のV12クーペが今回発表された「ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー」だ。

デザインのインスピレーション源は1930年代に当時の世界最高速度記録を樹立した「サンダーボルト」。車体にはロールス・ロイス史上屈指の複雑な表面仕上げ、グラディエント・ペイントを導入。ビスポーク・スターライト・ヘッドライナーには最多となる2117個の光ファイバーを散りばめている。他にも320ピースものパーツからなる寄木細工を組み込んだ、触感に富んだドラマチックなインテリア・ドア・パネル、インテリアにはこのコレクションのために特別に開発された新素材「クラブ・レザー」を採用するなど、レイスの最後を飾るにふさわしい徹底的なこだわりを感じられる一台だ。

生産台数はたったの12台で、すでに完売。発売前に「ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー」はロールス・ロイスの伝説のモデルとなっている。

ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー

ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー

ブラック・バッジ・レイス・ブラック・アロー

問い合わせ
ロールス・ロイス・モーター・カーズ www.rolls-roycemotorcars.com

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる