MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2022.07.05

1億円超えでも買いたい! 欧州最高峰のキャンピングカー「フォルクナー・モービル」

自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載「クルマの最旬学」。夏のバカンスシーズンを控えた今回は、ヨーロッパを代表するラグジュアリーなキャンピングカーを紹介する。【過去の連載記事】

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービルのパフォーマンス・パーフェクション。価格は895万ユーロで、「1ユーロ=140円」換算だと1億2530万円。ただし、実はこれが最もベーシックなグレードだ。

豪華さで名を馳せるドイツの名車

2年前のコロナ禍での緊急事態宣言期間中、自宅にこもりながら熱中したのがキャンパー探しだ。キャンパーがあれば、ウィルスなんて気にせずに好きな時に、好きな場所へ行くことができる──。

人間、考えることは同じで、南仏在住の知人とメールのやりとりをしていたら、フランスではキャンパーがバカ売れして、ウェイティングリストが長くなるいっぽうだったという。そして、キャンパーの中でも豪華さで名を馳せ、憧れの的になっているのがドイツのフォルクナー・モービルという会社だと知った。

調べてみると確かにすごくて、ボルボのバスをベースにしたこのサイズは、キャンパーではなくモーターホームと呼ぶらしい。バカンスのこの季節、フォルクナー・モービルのパフォーマンス・シリーズというモーターホームを紹介したい。

フォルクナー・モービル

写真のパフォーマンス・パーフェクションに限らず、フォルクナー・モービルのパフォーマンス・シリーズのウリが、このように乗用車を格納できることだ。パフォーマンス・パーフェクションの全長は10.8メートル。

クルマの中にクルマがある、マトリョーシカ構造

フォルクナー・モービルの創始者であるゲルハルト・フォルクナーは、機械をいじることとモーターホームでの旅を愛するデザイナーだった。「せっかくの休日を過ごすのに、自宅で享受していた快適さや便利さを諦めなければいけないのはおかしい。もっといい方法があるはずだ」という思いで、モーターホームを完成させた。それがパフォーマンス・シリーズで、ポイントは特許を取得したセンターガレージ。ここに愛車を積んで移動することができるのだ。

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービル

パフォーマンス・パーフェクションのインテリア。好みに応じてレイアウトできるが、「推奨例」を見ると、リビング、ダイニング、ベッドルーム、バスルームという構成が多い。

モーターホームで旅をするのに、なんでクルマを持っていくのか? 穏健なみなさんのなかには、そういう疑問をお持ちになる方もいるだろう。けれどもクルマ好きとしては、フォルクナーさんの気持ちがよ〜くわかる。海沿いの絶景の場所に停めたモーターホームでのんびりコーヒーを味わってから、ワインディングロードで潮風を受けながらオープンカーを走らせる。あるいは爽やかな風が吹き抜ける高原で、クラシックカーを走らせるなんていうのもいい。このモーターホームは、クルマ好きのそうした夢を実現してくれるのだ。

フォルクナー・モービル

上級グレードのエルファー・パフォーマンスは、112万5000ユーロ。「1ユーロ=140円」換算で1億5750万円。横にせり出しているウォールアウト/スライドアウトと呼ばれる構造によって、室内空間を拡張することができる。

冒頭に記したように、基本骨格とメカニズムはボルボのバスがベースで、エンジンも最高出力460馬力を発生するボルボ製。そこにフォルクナー・モービルが独自にデザインした、車台と呼ばれる“上モノ”を載せた構造になっている。だから走る機能についてはヨーロッパの最先端で、追突を警告する装置や自動で介入する緊急ブレーキ、車線からはみ出ると注意をうながす装置など、安全装備は盤石だ。

エアサスは、貨物輸送用ではなく乗客運搬用に完璧にチューニングされているとのことで、ドライバーの疲労を低減することに寄与するという。カタログには「道路の上を走っているというより、少し浮いて滑空しているような感覚です」とあって、さすがにそれは大げさだとしても、かなりモダンな乗り心地だと思われる。

インテリアやレイアウトに関しては、ほぼオーダーメイドで、いくつかの推奨されている間取りをベースに、バスルームのタイルやソファの革まで選ぶことになる。

太陽光発電と発電機によって電力は供給され、空調や給湯は完璧にコントロールされる。IHクッキングヒーター、電子レンジ、冷蔵庫、食洗機などなど、希望すればなんでもビルトインできる。プリンターやWi-Fi環境を整えた、ワークステーションとして使うプランも用意されている。

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービル

フォルクナー・モービル

エルファー・パフォーマンスのインテリア。真水を約1000ℓ搭載できることから、シャワーも快適に使うことができると謳う。空調や調理器具など、なにひとつ我慢する必要がないというのがフォルクナー・モービルのコンセプトだ。

真打ち登場! 約3億円の最高級版

そして2021年の秋、ドイツのデュッセルドルフで開かれたキャンパーの見本市で、パフォーマンス・シリーズの最高級モデルが発表された。一般的な乗用車だけでなくスーパーカーのサイズまで格納可能なモデルで、ブルメスターというドイツの高級音響メーカーと共同開発した専用サウンドシステムを備えるなど、贅の限りを尽くしたモーターホームだ。

価格は203万5000ユーロからだから、「1ユーロ=140円」換算だと2億8490万円。これがもし「1ユーロ=120円」の時代だったら4000万円ぐらい安かったのに! と、どっちにしたって買えるわけはないのに計算機を叩いてしまった。

フォルクナー・モービル

2021年11月にお披露目された最高級版のパフォーマンスS。乗用車サイズだけでなく、ブガッティ・シロンなどのスーパースポーツも格納可能になっている。

フォルクナー・モービル

奥にスピーカーが見えるが、ブルメスターと共同開発した専用サウンド・システムだけで3500万円だというから驚きだ。

ちなみに、カンガルーの赤ちゃんのように収納されるブガッティ・シロンはベース価格が310万ユーロから。ただし、2台合わせて513万ユーロだから、スーパーヨットが1000万ユーロはくだらないことを思えば、こういう組み合わせで夏のバカンスを楽しむ人たちが存在しても不思議ではないのだ。
なるほど、と納得できるような、できないような。

フォルクナー・モービル・パフォーマンスS
全長✕全幅✕全高:12m✕2.5m✕3.85m
車重:18トン
エンジン最高出力:460ps
価格:203,5000ユーロ〜

Takeshi Sato
1966年生まれ。自動車文化誌『NAVI』で副編集長を務めた後に独立。現在はフリーランスのライター、編集者として活動している。

過去連載記事

TEXT=サトータケシ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる