MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2022.11.21

美術史に残る名画まで入手可能! “買える美術館”の異名をもつ、日本橋三越本店

手間もかかれば、時間もかかる。だが、その分思い入れは深くなる。ビスポークには、物語が宿るのだ。今回紹介するのは、アートのスペシャルオーダーを叶えるエキスパート、日本橋三越本店。【特集 浪漫のある家】

三越 アート

Cross Point
綿布に水彩、アクリル 116.7×90.9cm 2022年

アートのコンシェルジュ

我が家にふさわしいアートを購入するために、知識とコネクションはあったほうがいい。自信がなければ、アートに精通したよきパートナーを見つけるのが近道だ。

110年の歴史を誇る日本橋三越本店の美術部は、“買える美術館”として、美術史に残る名画から若手現代美術家の作品まで、幅広いアートを扱っている。老舗百貨店としての信頼性の高さと、扱う美術品の幅広さにおいては、国内屈指の存在であり、作品購入の相談相手としては、申し分ない存在だ。そして、彼らの顧客になると、時には特別なオーダーも実現する。それが、作家に制作を依頼する、コミッションワークのスペシャルオーダーだ。

三越 アート

flow
50×50cm 綿布に水彩アクリル 2018年

2022年11月に展覧会が開催される宮本佳美氏は、植物等をモチーフにモノクロームで光と影を表現する若手作家だが、本展では、アール・ヌーヴォーの花瓶をモチーフとした新作を制作。三越との信頼関係もあり、本展では顧客に限りコミッションワークの相談も特別に可能となった。もちろん、オーダーにはリスペクトが必須。サイズやモチーフなどのリクエストをしたら、作家の手に仕上がりを委ねたい。

三越 アート

cumulus cloud
90.9×72.7cm 綿布に水彩アクリル 2019年
宮本氏の展覧会「Way to trace」は2022年11月23日(水)より、日本橋三越本店の本館6階で開催。

問い合わせ
日本橋三越本店 本館6階 コンテンポラリーギャラリー TEL:03-3241-3311

【特集 浪漫のある家】

TEXT=安藤菜穂子 EDIT=西原幸平(EATer)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる