MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.01.05

市内を飛び出して、まだ見ぬ京都へ!「美味しい京都」3選【まとめ】

美しい里山や季節によって表情を変える海――。自然の営みとともにある、京都の“別の顔”を見つけに。今、足を運びたい「美味しい京都」をまとめてご紹介!※GOETHE2022年11月号掲載記事を再編。

1.収穫したての野菜を目の前で調理!「田舎の大鵬」

秋風になびく稲穂の波の向こうにくっきりと稜線が見える。都会で暮らす多くの人にとって、尊くも縁遠いものになってしまった日本の原風景。市内からクルマで2時間ほど北上した綾部市に移住して間もないが、京都の人気中華料理店「中國菜 大鵬」の二代目、渡辺幸樹さんは、まるで昔からここに暮らしていたかのように、しっくりと風景にとけこんでいた。

「綾部は父が生まれ育った場所で、子供の頃は夏休みに遊びに来たりしていたけれど、その頃は田舎のよさがピンと来なかった。今じゃ、ずっと住むんじゃないかって店の子にも言われるくらいなじんでます」と渡辺さんは日焼けした顔で笑う。

kyoto-oishi

田舎の大鵬(Inaka no Taihou)
住所:京都府綾部市八津合町別当2-1 蓮ヶ峯農場 
TEL:なし 
営業時間:17:00~(予約状況に応じて変動も)
定休日:不定休
席数:最大12名までで応相談
※予約はInstagram(@inakanotaihou)から
【詳細はこちら】

2.移ろう季節を感じる京都・奥座敷にある「とり料理 瀬戸」

洛北と呼ばれるエリアの奥まった北部地域。鞍馬、貴船、大原は、名刹(めいさつ)・古刹が点在する自然豊かな“奥座敷”。

とり料理 瀬戸の鶏すき

とり料理 瀬戸(Toriryori Seto)
住所:京都府京都市左京区静市市原町336
TEL:075-741-2667
営業時間:12:00~21:00
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
席数:2~4名(1グループ)
料金:コース¥8,500
※完全予約制
【詳細はこちら】

3.“海の京都”の旬食材を生かした、薪料理が話題の店「縄屋」

京都の北部に位置し、日本海に面する京丹後。“海の京都”として知られるこの場所は、季節によってさまざまな旬の魚や農作物が取れる食材の宝庫。その“自然の恵み”を最大限に生かす料理で注目を集めているのが「魚菜料理 縄屋」だ。

魚菜料理 縄屋

魚菜料理 縄屋(Sakanaryori Nawaya)
住所:京都府京丹後市弥栄町黒部2517
TEL:0772-65-2127 
営業時間:12:00~、18:00~(一斉スタート)
定休日:火・水曜
料金¥13,200のコースのみ
※予約はTableCheckから受付
【詳細はこちら】

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=伊藤信

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる