GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.12.14

ロオジエ・ソムリエ井黒 卓が厳選! 渾身の1本で相手の心を解きほぐす秘蔵ワインリスト

日頃お世話になっているあの方には、王道のボルドーを。ビジネスの大勝負の場では、プレミアムな希少ワイン。ワイン通のあの方をお招きするなら、新世界のワインでサプライズ! など、ワイン賢者・井黒 卓氏が5つのシチュエーションに合わせてワインをセレクト。コロナ禍とはいえ、年末は何かと贈り物や集まりが多いシーズン。考え抜いた渾身の1本を送れば、大切な方々への感謝の気持ちも伝わるはず。

Taku Iguro

ワインを贈る行為とは互いの人柄の探り合いです

全日本最優秀ソムリエに決まって、お祝いにとワインをいただく機会が増え、改めてワインを贈ることの大切さを知りました。何より贈る相手への気遣いが大切。ひとりひとりのパーソナリティを考慮して、贈るワインを吟味する必要があります。だから当然、同じワインをふたりに贈ることはありません。また逆をいうと、贈る銘柄でこちらの人柄が見えてしまうことも。ワインを贈る行為は、お互いの人柄の探り合いでもあるんですよね。

手土産に選ぶ1本

ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレー サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン 2015

ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレー サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン 2015
¥7,000
ゲストはホストを立て、一歩引いたワインを選ぶべきでしょう。ただし、中身は本物。集まった皆が喜ぶものでなくてはなりません。このワインはサヴィニー・レ・ボーヌという、ブルゴーニュでも比較的マイナーな産地の白ですが、ピュリニー・モンラッシェやムルソーにも引けを取らず、ロオジエでもお出ししている1本です。

ゲストのおもてなしに

ローラン・ペリエ グラン シエクル No.24

ローラン・ペリエ グラン シエクル No.24
¥25,520
まずは無難なところでシャンパーニュ。多くの方が知る銘柄ながら、ひとつ上のクラスでおもてなししたいです。こちらはローラン・ペリエのフラッグシップシャンパーニュ。突出した特長を持つ3つのグレートヴィンテージをブレンドし、ハーモニーを生みだしています。これを飲めば、知らないもの同志でも打ち解けられるはず。

プチギフトとして

ディアバーグ ヴィンヤード シャルドネ サンタ・ マリア・ヴァレー 2015

ディアバーグ ヴィンヤード シャルドネ サンタ・マリア・ヴァレー 2015
¥4,300
贈った相手から「美味しかったよ」と言われるのは、一番の光栄。しかもリーズナブルな価格なら、ご自身でも2本、3本と買ってくださるでしょう。そうしたら、こちらも嬉しいですよね。ディアバーグはブドウ畑をサンタ・バーバラ各地に保有。そのブドウを買っている某有名ワイナリーでは、価格がディアバーグの3倍だそうです。

自分へのご褒美に

ベルヒル ピノ・ノワール 2013

ベルヒル ピノ・ノワール 2013
¥19,000(2016年の価格)
いっさい他者のことは考えず、単純に自分が飲んで美味しいと思ったワインを選びました。スクリューキャップのワインは還元臭の強いことがしばしばありますが、ベルヒルにはそれがありません。このピノ・ノワールの生産量は年にたったの4樽。日本への割り当ても限られているので、見つけたら即買いしておきたいワインです。

本気の勝負ワイン

E. ギガル コート・ロティ ラ・ランドンヌ 2016

E.ギガルコート・ロティ ラ・ランドンヌ 2016
¥60,000
これはコート・ロティの盟主に君臨するギガル社の最高峰。他にラ・ムーリンヌ、ラ・テュルクの姉妹ワインがあり、このラ・ランドンヌが最も長命です。2005年は今が飲み頃。でも真に偉大なワインは若いうちからでも美味しい。なので最新の2016年であっても、恐るるに足らずです。好きな時に開けていただいて構いません。
※写真は2005年

 

「ロオジエ」とは?
1973年に創業した、資生堂が経営するミシュランの三つ星レストラン。井黒さんがここで紹介してくれたワインがオンリストされている。
住所:東京都中央区銀座7-5-5
TEL:03-3571-6050

 

Taku Iguro
ロオジエ ソムリエ。1987年米国生まれ。沖縄育ち。2016年から銀座「ロオジエ」のソムリエに。今年開催の第9回全日本最優秀ソムリエコンクールで優勝。将来を嘱望される若手ソムリエの筆頭。

 

※上記5本は参考小売価格。

TEXT=柳 忠之

PHOTOGRAPH=滝川一真

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる