GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.03.25

Bon.nu|1日3組限定! カップルで行ってほしい洒落た代々木の隠れ家レストラン

隠れ家という言葉がある意味、安易に使われるようになった昨今。 真に感度の高い人が集い、喧騒とは無縁の隠れ家はいずこに!? デートにうってつけの一軒をご紹介。

Bon.nu

6時間かけてステーキを焼きあげる!

秋元 僕や見城さんの世代は、今はなき伝説の名店『パスタン』への思い入れが特に強いけれど、小ぶりな感じが『パスタン』に似てて。

見城 本当にいい店だったよな。

小山 ここは美食家の来栖けいさんの店?

秋元 そう。僕は彼のことをあまり知らずに行ったのだけれど、終始、お客の横について料理の説明をするの。そこは賛否あるけれど。

見城 もっと詳しく教えてよ。

 カウンターにて。

カウンターにて。左から、オーナーの来栖けい氏、シェフの河島英明氏、パティシエの内山裕介氏。

秋元 1日3組限定で「シンプル+オリジナリティ」がコンセプト。天然記念物の見島牛や年間1頭しか出回らない幻の竹の谷蔓つる牛(うし)と、ここならではの希少な素材が登場する。

小山 こだわりがすごいですね。

秋元 ブルターニュ産オマールブルーと水、塩だけを使って5分で抽出するスープとか。高級食材をどうだと叩きつける感じではなく、その日のために仕入れた厳選食材を上手に生かしている。ひとつひとつがしっかりとしてるんだよ。

見城 悩殺メニューは何?

秋元 僕が感心したのは、ステーキ。6時間かけて焼き上げるという「ボニュ焼き」で、表面は焼き色をしっかりつけて香ばしく、中は中心まで熱々でちゃんと火が入っているのに、グラデーションにならずに色合いも均一。噛んだ時に肉汁がジュワッと溢れ出る。

入り口にアーチをつけた奥の個室。

入り口にアーチをつけた奥の個室。洞窟やカーヴを思わせる秘密めいた空間。個室指定の場合、チャージ料は¥13,000

見城 へぇ〜場所はどこ?

秋元 代々木です。造りもお洒落だし、でも気取ってなくて。定期的に通えたらいいなと。奥には洞窟っぽい個室もあって、カップルで行く店ですね。

小山 今までの秋元さんとは違う……女の匂いがしますね。

見城 今回そういうの多いな。秋元の店選びは人生を映しだすね、毎回毎回。

天然記念物・見島牛のステーキ。

天然記念物・見島牛のステーキ。一般には流通していない牛肉で、一番いい「ピン」の部分を細心の火入れで提供。※¥30,000のスタンダードコースより。

きのこのリゾット。

きのこのリゾット。3種のきのこと米、水、塩、オイルのみで調理。限りなくシンプルに仕立てるのがボニュ流。

フランス・ブルターニュ産オマールブルーのビスク。

フランス・ブルターニュ産オマールブルーのビスク。「時間をかけるといらないものまで抽出してしまう」と5分でスープの状態に。※以上2品は¥28,000のコースより。

ボニュ
TEL:03-6300-5423
住所:東京都渋谷区代々木4-22-17 クイーンズ代々木1F
営業時間:12:00〜13:00(最終入店)/18:00〜20:30(最終入店)、Bar 20:00~23:00(最終入店)
休み:不定休
座席数:カウンター 5席(バーのみ)、テーブル 8席 個室1室(〜4 名)
※1日3組限定。ランチ、ディナーともに前日までに要予約。

TEXT=粂 真美子

PHOTOGRAPH=田村浩章

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる