MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2022.11.25

【ゼニス】名門を纏う安心感。男の王道クロノグラフ「エル・プリメロ」

至高のクロノグラフムーブメントとして名高い、ゼニスの「エル・プリメロ」。アップデートされた2種類の新作は、その名声をさらに強固なものにする。

ゼニス

クロノマスター スポーツ(左)
ステンレススチールと18Kローズゴールドを組み合わせ、スポーティな印象と高級感とを絶妙に融合させたモデル。シルバーカラーの文字盤には放射状に光を放つサンレイ装飾を施しており、クラス感を高めた。自動巻き、SS×18KRGケース、径41mm。¥1,980,000
クロノマスター スポーツ(右)
ケースとブレスレットに18Kローズゴールドを採用。3色のカウンターやポンプ形のプッシュボタンといったクラシックなディテールを盛りこみながら、ブラックラッカー文字盤を採用してモダンな美しさに仕上げた。自動巻き、18KRGケース、径41mm。¥4,403,300

ローズゴールドの輝きが、その存在感を際立たせる

並び立つふたつの至高。腕時計という芸術品を心の底から愛する好事家たちは、実に悩ましい選択肢を突きつけられることになった。心臓部にNo.1を意味するクロノグラフムーブメント、「エル・プリメロ」を宿したゼニスの「クロノマスター スポーツ」と「クロノマスター オープン」である。

最新の素材を用いた進化形キャリバー、Cal3600を搭載して昨年の話題をさらった「クロノマスター スポーツ」は、素材にローズゴールドを用いたモデルを新たにラインナップ。タキメータースケールを刻んだベゼルやプッシュボタンなど、クロノグラフであることを証明するパーツが黄金色を纏い、格別な気品を放っている。

一方の「クロノマスター オープン」は、脱進機の位置をスケルトン化したモデルであり、1969年に誕生して以来、改良を加えながら進化し続けてきた「エル・プリメロ」の姿をもっと堪能したいという熱望をかなえる。今年のリニューアルによってケース径が42㎜から39.5㎜へと小径化し、さらにノンデイト仕様となったことでより小窓に視点を集中しやすくなった。

どちらのNo.1を選ぶべきか、悩みは尽きない。

真正面から受け止める「エル・プリメロ」の美しさ

ゼニス

クロノマスター オープン(左)
文字盤に洗練されたマットシルバーカラーを採用したことで、3色のカウンターや正面から覗くムーブメントの美しい色合いが際立ったモデル。クロノ針の先端は赤く彩られ、スポーティな趣を感じさせる。自動巻き、SSケース、径39.5mm。¥1,166,000
クロノマスター オープン ブティックエディション(右)
ムーブメントの鼓動する心臓部を文字盤から眺められる特徴的なデザイン。自動巻き、SSケース、2色のカウンターとスモールセコンド用透明カウンターを備えたブルーの文字盤で、「エル・プリメロ」の魅力を堪能できる。自動巻き、SSケース、径39.5mm。¥1,166,000

問い合わせ
ゼニス ブティック銀座 TEL:03-3575-5861

TEXT=横山博之

PHOTOGRAPH=Ken Mizoguchi

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる