MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2022.08.26

【ヴァシュロン・コンスタンタン】王道であり普遍。白文字盤に宿るエレガンス

白は”光”や”純粋さ”、あるいは”自由”を象徴する色である。美しく時を刻むヴァシュロン・コンスタンタンのドレスウォッチは、白文字盤によって普遍的なエレガンスを纏うのだ。

ヴァシュロン・コンスタンタン

針やインデックスを引き立たせる白文字盤の実用性

高級時計のファッション化が進み、さまざまなカラーダイヤルが増えているが、時計の王道たるドレスウォッチのエレガンスを表現するなら、白文字盤こそが至高である。

そもそも白文字盤には針やインデックスを引き立たせる効果があるので、視認性を高めるという点では実用的である。しかも白文字盤×黒ストラップの組み合わせは、タキシードなど礼服の配色と一緒であるため、ノーブルでフォーマルな空気感を持っている。また、白文字盤×ゴールドケースの組み合わせには、華やかさのなかに品格を演出する効果がある。同じく定番である黒文字盤が色気ある腕元を作りだすのとは対照的に、白文字盤の場合はエレガントで爽やかな空気を纏うのだ。

1755年に創業したジュネーブ最古の時計ブランドであるヴァシュロン・コンスタンタンは、伝統とクラフトマンシップを重んじる、優美で上質なドレスウォッチの製作を得意としている。その洗練された世界観を楽しむなら、ぜひともエレガントな白文字盤を選んでほしい。パーティなど特別なシーンをさらに華やかにするだけでなく、ちょっとした日常にも明るい彩りを加えてくれるだろう。

まぶしい光の中で時を刻む爽やかな白文字盤

まぶしい光の中で時を刻む爽やかな白文字盤

カーディガン¥60,500、ニット¥47,300(ともにフェデリ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158) パンツ¥38,500(ジェルマーノ/バインド ピーアール TEL:03-6416-0441)

太陽の光を浴びながら一日をスタートさせるのは、とても気分がいい。朝のコーヒーブレイクは誰にも邪魔されないひとりの時間であり、ビジネスタイムへと気持ちを切り替える大切なひとときになる。そんな時間を刻むのは、ヴァシュロン・コンスタンタン「パトリモニー・ムーンフェイズ&レトログラード・デイト」。柔らかなカーブを描くケースは、径42.5mmと大ぶりサイズなので、白文字盤がさらに存在感を増す。手元にさり気なくアクセントを加えてくれるだろう。

独自機構を搭載した大ぶりケースのドレスウォッチ

パトリモニー・ムーンフェイズ&レトログラード・デイト

パトリモニー・ムーンフェイズ&レトログラード・デイト
くさび型のインデックスなど、伝統的なスタイルを継承しているドレスウォッチ。ケースをやや大きくすることで、大きく動くレトログラード式カレンダーを配置。6時位置のムーンフェイズ表示は、約122年に1度しか誤差が生じない高精度仕様。自動巻き、18KWGケース、径42.5mm。¥5,852,000

伝統を表現したミニマルな曲線美
端正なラウンドケースのサイド部分を緩やかにカーブさせたパトリモニーのデザインは、1950年代に作られた薄型ウォッチへのオマージュ。ケースを薄く見せる効果もあるので、エレガントさがより際立ってくる。

躍動感を与えるレトログラード機構
レトログラードとは”逆行”を意味し、針が扇形に進み、終点に到達するとパッと始点に戻って再び動きだすという機構。このモデルではカレンダーに採用しているが、そのダイナミックな存在感で時計に個性を加えている。

エレガンスウォッチを深く楽しむストラップ選び
銀座4丁目に昨年オープンした、ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座本店では、タブレット端末を使ってレザーの種類や色、ステッチなどを選ぶストラップのオーダーサービスを展開中。オーダーしたストラップには刻印も可能。”自分だけの一本”を作ることができる。

素敵な時間を作りだす、あたたかなドレスウォッチ

素敵な時間を作りだす、あたたかなドレスウォッチ

ジャケット¥137,500(エンメティ/インテレプレ TEL:03-6804-3861) Tシャツ¥22,000(フェデリ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158) パンツ¥36,300(エムエムエックス/カヴァレリア TEL:06-6258-7577)

ドレスウォッチは、ダイバーズウォッチのようなツ—ルウォッチとは異なり、”美しく装うため”に存在している。親しき友と過ごす夜のひとときを楽しむなら、あたたかな光を放つピンクゴールドケースのドレスウォッチがよく似合う。茶×金はいささか艶感がありすぎるので、ちょっとした清涼感が加わる白文字盤のものを選びたい。「トラディショナル・コンプリートカレンダー」は、実用性が高くメカニズムの楽しさも深い。まさに大人な選択肢になっている。

知的なカレンダー機構をエレガントに楽しむ

トラディショナル・コンプリートカレンダー

トラディショナル・コンプリートカレンダー
1940年代から同社が得意としているカレンダー機構をモダンにアップデート。カレンダー表示はケースサイドのプッシャーを使って個々に操作できるので、修正しやすいのもメリット。白文字盤の美しい間を生かしたレイアウトは、視認性も高い。自動巻き、18KPGケース、径41mm。¥5,412,000

機能性を高める理論的なレイアウト
3時位置の月と9時位置の曜日を小窓で表示し、日付は針表示式にすることで、多機能ながらスッキリとしたダイヤルに。6時位置にはムーンフェイズ表示が収まり、その青い夜空が美しいアクセントを加えている。

ディテールに表れたモダンな遊び心
「トラディショナル」はケースのサイドを直線的に立ち上げており、ラグも直線的にデザインされている。さらに針もシャープなドーフィン型になっているため、どことなくモダンで辛口な雰囲気が強まっている。

 

問い合わせ
ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=人物:谷田政史(CaNN)、静物:Ken Mizoguchi

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=yoboon(COCCINA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる