MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.08.03

一歩先ゆく選択肢! 気鋭の時計師が立ち上げた知られざるブランド3選

男性にとって数少ないアクセサリーでもある腕時計。だからこそ、時計選びには個性とともに語れる”ストーリー”も腕元に纏いたい!

インディペンデントブランド

F.P.ジュルヌほか、インディペンデントな時計ブランド

現存する時計ブランドの多くは、時計師の小さな工房がルーツであり、パトロンたちに支えられる形で名声を高め、やがて大きな時計ブランドとなった。その歴史のなかで、時計師の創造性がしっかり守り抜かれているブランドは、今でも名門として高評価を受けている。

こういった存在に今後なり得る可能性があるのが、次に挙げるすご腕の時計師たちが立ち上げた、インディペンデントブランドだ。

ローラン・フェリエ氏は、パテック フィリップで37年間にわたって設計者を務めた人物であり、2009年にブランドを創業。また、ピーター・スピーク・マリン氏は、超複雑工房オーデマ ピゲ ルノー・エ・パピで研鑽を積み、’02年にスピーク・マリンを創業した。

他にも、その独創的な時計作りからしばしば「ブレゲの再来」とも例えられるフランソワ-ポール・ジュルヌ氏も、ツウならばチェックしておくべき時計師のひとりだろう。

当の本人たちが今なお生産現場に立ち、唯一無二の品質の時計を作り続けているインディペンデントブランド。時計愛好家の一歩先ゆく選択肢として、今後注目すべきジャンルといえるだろう。

1.本気に満ちたスポーツウォッチ

LAURENT FERRIER スポーツ・オート

LAURENT FERRIER
スポーツ・オート

自動巻き、Tiケース、径41.5mm。¥6,072,000(DKSHマーケットエクスパンションサービスジャパン Mail:cg.csc1@dksh.com)

クッション型のスポーツウォッチは、フェリエ氏自らがハンドルを握って参戦した1979年のル・マン24時間耐久レースへのオマージュを込めたもの。ムーブメントはモダンな設計ながら、仕上げも美しい。

2.時計師の個性が光る新世代ラグスポ

SPEAKE-MARIN リップルズ

SPEAKE-MARIN
リップルズ

自動巻き、SSケース、径40.3mm。発売時期未定。¥2,845,700(DKSHマーケットエクスパンションサービスジャパン)

リューズガードを印象的にデザインした、ブランド初のSS素材のラグジュアリースポーツウォッチ。シャープな横ストライプ模様や2時位置のスモールセコンドで、他にはないブランドの個性をつくる。

3.伝説のモデルが進化して登場!

F.P.JOURNE ヴァガボンダージュ Ⅰ ゴールド

F.P.JOURNE
ヴァガボンダージュ Ⅰ ゴールド

世界限定68本。手巻き、18KRGケース、縦45.2×横37.5mm。価格未定(F.P.ジュルヌ東京ブティック TEL:03-5468-0931)

枠で囲んだ部分がスライディングアワー式の時表示。数字ディスク全体が60分で一周して分表示となり、2004年の初代モデルを進化させ、ムーブメントはゴールド製に。テンプを中央に配置する技術もハイレベルだ。

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=五月女幸希

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる