GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2021.05.25

世界で戦うテニス界の貴公子は ハリー・ウィンストンに何を見たか?【内山靖崇×ダニエル太郎】

伝統と格式を備えつつ、ダイナミックなプレイと華麗なテクニックで、人々を魅了するスポーツ、テニス。そのトッププレイヤーたちは、常に自分を革新させながら、研鑽を積み重ねる。それは美しく、魅力的な時計をつくるハリー・ウィンストンの精神とも呼応する。

切磋琢磨し合い世界と戦う男

右/内山靖崇:「HW エメラルド 33mm」¥1,815,000(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)、スーツ¥401,500~、シャツ¥75,900~、タイ¥45,100~[すべてオーダー価格](すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)、ほかスタイリスト私物
左/ダニエル太郎:「HW エメラルド 33mm」¥1,925,000(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)、スーツ¥401,500~、シャツ¥75,900~、タイ¥45,100~、チーフ¥26,400~[すべてオーダー価格](すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)

切磋琢磨し合い世界と戦う男

ーー日本を代表するプロテニスプレイヤーである内山靖崇とダニエル太郎は、幼少期からのライバルであり、そしてよき友人でもある。

ダニエル 今はとにかく上手くなりたくて。最近は若い選手がどんどん入ってきて、テニスのプレイスタイルも少しずつ変わってきている時代なので、常に頑張り続けていないと飲みこまれる。だからこそ、大切にしている自分の強みは、「とにかく頑張り続ける!」こと。どんな時も自分に厳しくしてきたし、いつだって100%で戦うようにしている。

内山 だからクレーコートが得意なんだよね。土のコートは球足が遅くて、どうしてもラリーが長くなる。心が折れたら負けみたいな状況だから、頑張り続けないといけない。強い精神力っていうのは間違いなくある。

ダニエル 内山君は感情的になることがあまりないよね。

内山 でも、頑固なところもあるかな。海外では相手に合わせすぎると、自分を見失ってしまうから。だから"自分は自分"という意識がないといけない。それこそ臨機応変に対応しなきゃいけない試合中でも、自分のプレイスタイルを見失わない、とか。例えば負けが続いてしまうと、プレイスタイルを変えたくなるけど、それは結局遠回りになってしまうからね。

「普段愛用しているのはスポーツウォッチ。よい結果が出た時に購入するので、自分を鼓舞するモチベーションになっています。ドレッシーな時計はまだ早いと思っていましたが、今回つけさせてもらったことで、スーツに似合うドレスウォッチにも俄然興味が沸いてきました」(内山)。

ダニエル 時間は大切だよね。僕はもっとテニスのレベルを上げることにエネルギーを使いたいから、空き時間も可能な限りテニスについて考えたい。本当はテニスから離れる時間も必要だろうけど。

内山 僕は意識的にオフをつくるタイプ。珈琲が好きなので遠征地でもホテルの近くのカフェなどでリラックスする時間が必要だね。若い時は24時間テニスのことを考えて行動していたけど、オンの状態が長いと疲れてしまう。だから意識的にオフにして、いざという時のパフォーマンスが上がるようにしている。

ダニエル でも選手会の代表理事もしているから、両立は大変じゃないの?

内山 大変なこともあるけれど、今からテニス以外のことを学べるのは貴重な経験だし、いい意味で競技から離れることができる時間なので、そこは基本的にはポジティブに捉えているかな。

時計へのこだわりはプロ意識の表れ

ダニエル 内山君は結構、時計好きだよね。

内山 スーツを着る機会が増えると、きちんと時計をつけている人が多いことに気づいた。"大人の男性"として格好いいし、そういう男になりたいという憧れがあって。普段はスポーツウォッチが多くて、こういうドレッシーなタイプはあまりつけたことがなかった。自分には早いと思っていたけど、興味が沸いてきたかな。時計はテニスでよい成績を残した時にご褒美的な意味で購入しているので、新しいモチベーションになりそう。

ダニエル 時間が経っても価値が残るものっていいよね。ハリー・ウィンストンの時計はまさにそういうもの。実際、腕につけてみると、ダイヤルがすごく綺麗で、それでいて何か色気がある。テニスの会場につけて行きたくなる時計だよね。

内山 プロのアスリートとして、身につけるものは意識しないとね。自分だって子供の頃に、先輩の姿を見て憧れたし、どう見られているかを意識して、ちゃんとアイテムも考え、コーディネイトしています。

「ハリー・ウィンストンの時計は、とにかく色も仕上げもダイヤルのブルーが綺麗ですね。スポーティなタイプはとにかく格好いい。ドレスウォッチはさり気ないオーラがある。さり気なく、いいものを身につけるのが理想ですから、こういう時計に惹かれてしまうんです」(ダニエル)。

ダニエル 僕も内山君を見習って、ファッションをもうちょっと頑張らないと(笑)。僕が目指すのは、フランスの田舎にいるおじいさん。シンプルだけど、さり気なくいいものを身につけているなんて格好いい。僕はそういうスタイルが好きですね。

内山 いい時計をつけていると、自分に自信が持てるというか、何かそれだけでちょっと背筋が伸びるような感覚になる。ハリー・ウィンストンは、ダイヤモンドジュエリーのイメージだったけど、男性でも魅力を感じる時計があると知った。この時計が似合う男になるというのは、いい目標になりそう。

ダニエル 実は僕が生まれたニューヨークの病院は、5番街にあるハリー・ウィンストン本店の近くにあるんだよね。もちろん豪華なブランドだけど、ニューヨークの雰囲気もあって、どこか不思議な縁を感じるブランドでもある。いつか手にしたい時計が見つかりました。

 

大型針はレトログラード機構を楽しむ時計

HW オーシャン・レトログラード オートマティック 42mm

HW オーシャン・レトログラード オートマティック 42mm
大きな針が2本あるが、これはレトログラード針になっており、上半分が時表示で下半分が分表示。どちらも9時位置側を始点として針が扇状に運針し、終点に来るとフライバックする仕組み。時の流れを美しく演出する、ハリー・ウィンストンらしいロマンティックな時計だ。自動巻き、18KRGケース、径42.2mm。¥5,335,000

時計中央のブリッジは、ニューヨークを代表する名所「マンハッタン橋」の鉄骨構造をイメージしたもの。ブランドの個性を楽しめる。

 

このケースデザインには特別な思いがこもっている

HW エメラルド 33mm

HW エメラルド 33mm
ブランド創始者のハリー・ウィンストンが愛したという伝説的なダイヤモンドのフォルム「エメラルドカット」のシャープな形状をケースに取り入れた。2019年に大型のメンズウォッチが登場したが、ダイヤルの外縁部に段差をつくるなど、細部まで美しい表現を取り入れている。クオーツ、18KRGケース、縦39.3×横33.3mm。¥1,815,000

秒針を持たない2針モデルであるため、ゆっくりと時を刻んでいく。ミニッツトラックなどもないため、美しいダイヤルが際立ってくる。

 

人気色のブルーを華やかに取り入れる

HW エメラルド 33mm

HW エメラルド 33mm
キレのある斜面と稜線を活かした8角形のケースはキラリと輝き、さり気なく手元で存在を主張してくれる。ブルーダイヤルの表面には、放射状に広がるサンレイ仕上げを施しており、光の加減で濃淡をつくりだす。知的なスタイルを完成させる、優雅なドレスウォッチだ。クオーツ、18KWGケース、縦39.3×横33.3mm。¥1,925,000

12時位置にはロゴが入り、6時位置にはカレンダー。その両方がケースと同じエメラルドカットシルエットを象(かたど)っている。

 

特殊な素材を使用する人気の限定シリーズ

プロジェクト Z14

プロジェクト Z14
航空宇宙産業で使用される特殊素材ザリウムは、時計業界ではハリー・ウィンストンが独自に使用する。頑強な素材特性を引き立てるように時計表示も工業美に溢れている。各表示はトラス構造で支えており、6時位置は30秒式のレトログラード針。すべてが個性の塊だ。世界限定300本。自動巻き、ザリウムケース、径42.2mm。¥2,970,000

リュウズを守るリュウズガードは、ニューヨーク5番街のハリー・ウィンストン本店のファサードのデザインを取り入れたものだ。

 

内山靖崇×ダニエル太郎

Yasutaka Uchiyama (右)
1992年北海道生まれ。7歳でテニスを始め、頭角を現す。中学時代にIMGニックボロテリーテニスアカデミーに留学。2010年から国内に活動拠点を移し、’11年にプロに転向。’19年までデビスカップの日本代表を務め、’17年に行われたATPツアー「楽天ジャパン・オープン」ではダブルスで優勝を果たした。現在は全日本男子プロテニス選手会の代表理事を務めている。

時計「HW オーシャン・レトログラード オートマティック 42mm」¥5,335,000(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)、ニット¥52,800(マロ/三崎商事 TEL:03-5520-5011)、ラケットは本人私物

Taro Daniel (左)
1993年ニューヨーク生まれ。日本でテニスを始め、14歳でスペインに移住。スペインのトップ選手とトレーニングに励む。2010年にプロに転向。’15年にはATPランキングでトップ100入り。’18年の「BNPパリバ・オープン」で、あのノバク・ジョコビッチから金星を上げ、「TEB イスタンブール・オープン」ではATPツアー初優勝を飾る。

時計「プロジェクト Z 14」¥2,970,000(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)、ニット¥42,900(ボーディ/アルファ PR TEL:03-5413-3546)、ラケットは本人私物、ほかスタイリスト私物

 

問い合わせ
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=片桐史郎(TROLLEY)

STYLING=久保コウヘイ[内山]、中原正登[ダニエル]

HAIR&MAKE-UP=吉村 健[内山]、髙橋 貢[ダニエル]

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる