MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.11.22

フランフラン創業者のこだわりの趣味部屋拝見! 創作意欲を高めてくれるキッチン

好きなことに没頭できる自分だけの空間があれば、人生は深みを増す。価値観を人に押しつけることなく、淡々とこだわり、淡々と愛でる。今回は、ブルーウェッジ代表取締役・髙島郁夫氏の仕事の流儀にも通じる趣味部屋に潜入した。【特集 浪漫のある家】

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

料理に専念できる無駄のないキッチンが欲しかった

理想のキッチンとは何か? インテリアのフランフラン創業者で、現在はホテル、アート、ヴィンテージカーなどの分野で新しいビジネスを創出する髙島郁夫氏はこう答えた。

「素晴らしいキッチンとは、料理をつくる意欲が湧いてくるキッチンです。家庭のキッチンって初めはきれいにしていても徐々に乱れが出てきます。引きだしに便利グッズがごちゃごちゃと入っていたり、冷蔵庫に緊急時の連絡先が貼ってあったり。それでは料理に集中できません。僕は料理を一番身近な楽しいクリエイティヴだと考えている。創造性を高めてくれる究極のキッチンが欲しくなったんです」

髙島氏は広尾に見つけたヴィンテージマンションをキッチン部屋に改装。2ゾーンのうち、片方にはキッチンと来客をもてなすためのダイニングテーブルを置き、もう片方には食後にくつろぐためのサロンスペースを設置。キッチン部屋には日当たりのいいテラスも備えられている。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

コンパクトながらもテラスを設置した。現在整備途中で、食前の一杯や食後の語らいを楽しめる空間にするため、アイデアを練っている最中だという。

「部屋には僕が好きな現代アーティストの作品を飾りました。今は水戸部七絵さん、佐藤翠(みどり)さん、飯田美穂さんなど日本の若手作家の作品を飾っています。刺激的で色彩に溢れた作品は、料理の作り手の気分を上げてくれるし、会話のきっかけにもなってくれます」

調理器具やキッチン用品にもこだわり抜いた。例えば、調理べらは広島県の宮島工芸製作所、おろし金は新潟県燕市のtsuboe、チーズナイフはポルトガルのイセルを選んだ。日本のみならず、世界からも最高の品々が集めらている。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

多くの調理人が愛用する燕三条の「和平フレイズ enzo鉄フライパン」。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

国内外のクオリティの高い調理器具が揃えられている。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

グラスはツヴィーゼル社の製品が中心。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

器は産地を特定せずに、気に入ったものを集めた。

さて、髙島氏は究極のキッチンでどんな料理をつくるのか。

「僕は魚好きなので、イワシの煮つけとか、アサリの蒸し物とか、ごく普通のメニューですよ。でも、料理はひと手間かけることで、まったく別のものになる。例えば、刺身用のサクを買ってきてそのまま切るのではなく、塩水で1度洗うと、味わいが桁違いに向上します。ビジネスでもファッションでも、どんな分野にもいえることですが、細部への努力を惜しまないことが最も重要なんです」

究極とまではいかなくても、自宅のキッチンを改善したいと思っている人も多いだろう。髙島氏にアドバイスをもらった。

「引きだしにさいばしがたくさん入っているという人、多いですよね。曲がっていたり、先が焦げていたり、まずは物を絞って、雑多なものを捨てることです。物を減らせば、他のアイテムとの統一感を出しやすくなるし、アート作品を飾るスペースも生まれる。削ぎ落す感覚を大切にする。これが僕のキッチンづくりの信条です」

部屋を華やかにするアート作品がずらり

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

飯田美穂『Image, Manet』

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

現代アートのほか、自身が全国各地の名産地を訪ねて集めた陶磁器のコレクションも。

髙島郁夫 アートなキッチン部屋

水戸部七絵『The real winner is the fly』など、髙島氏が収集したアートを飾る。大型作品が多く、見ごたえがある。

Fumio Takashima
1956年福井県生まれ。’92年、東京・天王洲にフランフラン1号店を開店。2022年、フランフランを離れ、現在はブルーウェッジを立ち上げ、次世代のために今ある文化、遺産、ライフスタイルの価値を高めるプロジェクトを展開中。

【特集 浪漫のある家】

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる