GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.04.18

武井 壮が世界進出! 勝ち続けるための流儀を公開

“百獣の王”を名乗る武井壮。日本一のアスリートから転身した彼が、あっという間に芸能界の頂きへと上り、“勝つ人”になった理由。それは真の意味でタフな男だったからだ。そんな武井壮が「スポーツカーに乗る理由」と「タフな男のファッション」について、さらに世界へと飛びだそうとしている戦略を、切れ味の鋭い言葉で語った。最新号のご購入はこちら

百獣の王 武井 壮氏

ジャケット¥336,000、シャツ¥54,000、ネクタイ¥29,000、チーフ¥17,000、トラウザー¥67,000(すべてラルフ ローレン パープル/ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)

「強さをどう使うか、そこにタフな男の真価がある」

百獣の王、武井壮さんの愛車遍歴は、さながら“スーパーカー十種競技”だ。ポルシェ ボクスター、メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン、ランボルギーニ ウラカン、フェラーリ488GTB、そしてマクラーレン720S……。

「スポーツカーが好きなのは、自分の身体を操作する感覚と似ているから。コーナーで理想のラインを描くためにアクセルとブレーキとステアリングを操作して、それが決まると街中でも楽しいし、走り高跳びでパーンって成功して白旗が上がった瞬間と同じ興奮や感動を味わうことができます」

そして、スポーツカーで移動する歓びは、仕事はもちろん生活全般のクオリティを上げることにつながると続けた。

「現場まで好きなクルマを運転して行けばテンションが上がるし、移動そのものがエンタテインメントになる。送迎車に座るだけだと、充実した時間を失っているという感覚なんです」

これまで、敢えて自分が背伸びをするようなクルマ選びをしてきたという武井さんであるけれど、単にいいクルマを買うだけでは、タフな男のクルマ選びとしては物足りないと語る。

「そのクルマを熟知して、路面とかシチュエーションに合わせた操作ができる技術が伴った時に、初めてタフな男にふさわしい愛車になる。屈強なSUVを買っても、どの傾斜なら走破できるのかという知識と、それを使いこなす技術がないと、いきなりオフロードを攻めてゴロン、なんてことになりかねない」

知識と技術とメンタルが揃わないとタフな男になれないということを、武井さんは十種競技で日本一になった頃に学んだ。

「高い能力を持ち、練習では最強なのに試合で記録が出ない選手っているんですよ。肉体の強さがあって、それをどう使いこなすかという知識と技術が伴っている人は、本番でメンタルがブレない。自分よりキャリアがある強い選手に勝てたのは、自分を操作する方法を熟知して、毎試合のように自己ベストを出してきたからだと思います」

GRヤリスに試乗

ラリーの世界制覇を目指して開発されたGRヤリスに試乗した武井壮さんは「自分に似ている! 」と驚きを隠さない。「コンパクトだけどエンジンも足回りも強靭で、身のこなしが軽い。あと、サーキットでもタイトなワインディングロードでもラリーの未舗装路でも戦える、幅の広さが十種競技と一緒。競技から生まれた身体能力というのも僕と同じですね」

ただ身体だけが強くても駄目、知識と技術、ブレないメンタルがないとタフな男にはなれない、という考えは、実体験から導かれたものだけに実感がこもっている。武井さんは、ファッションも同じだという。

「ブランドの高い服を買うだけじゃ意味がないですよね。自分をどんな人間に見せたいのか、周りの人は武井壮に何を期待しているのか、どこへ行きどう振る舞うのかを考えぬいた時に、タフな男にふさわしい服の選び方になる。僕は現場で衣装に着替えることが多いのでカジュアルな服装になりがち。だからお会いする相手に失礼にならないよう、時計や靴はいいものを選ぶようにしています。昔は、太陽の位置で時間がわかるから百獣の王に時計は要らない、って言ってたんですけど(笑)」

ではこの先、武井壮はどんなタフな男を目指すのだろう。

「子供たちだけではなく大人たちにも夢を与える存在になりたいですね。たとえば世界で誰でもいいから三人のチームを組めって言われた時に、“武井さんがいたら絶対にいいよね”って言われるような、人類の頂点を目指したい」

そして武井さんは、世界進出を視野に入れたプロジェクトを進めていることを明かした。

「スパイダーマンとかバットマンみたいなヒーローがいるじゃないですか。でも日本にはいないな、と気づいて。本気でヒーローを始めようと思ってハリウッドで衣装を作っています。身体能力的に一番近いのが僕だから、忍者のヒーロー。例えば能力を測れるスカウターみたいなハイテクを取り入れたり、手裏剣が飛びだすブラスターを搭載したり。YouTubeでシリーズ化して、アメリカの街に行くと子供たちがワーって言うくらいバズらせたい。みんな、夢物語だって笑うんだけど9年前に僕が芸能界に行くと言った時も同じような反応でしたから。無理だと思ってみんなやらないけど、実際にやると競合がいないから勝てる。人生、遊んだもん勝ちですから」

これは楽しみだ。同時に武井壮はやはり百獣の王、最強のタフガイだと思い知らされた。

 

So Takei

So Takei
1973年東京都生まれ。十種競技の元日本チャンピオン。「競技で結果を出しても誰も自分のことを知らない」と、芸能界入りして大活躍。2015年、’18年の世界マスターズ陸上の4×100mリレーM40クラスでは金メダルを獲得した。YouTubeチャンネル『武井壮 百獣の王国』を展開中。
スーツ¥308,000(ラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)時計¥525,000(ラルフ ローレン/ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)グローブ¥24,000(カカザン/ル・ガラージュ TEL:03-3587-2785)タンクトップはスタイリスト私物

武井壮さんが表紙を飾るゲーテ5月号のご購入はこちら

DIRECTION=島田 明

TEXT=サトータケシ

PHOTOGRAPH=片桐史郎(TROLLEY)

STYLING=石黒亮一

HAIR&MAKE-UP=奥野 誠

PICK UP

STORY

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

cover 6月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

4月24日(土)発売『ゲーテ6月号』の総力特集は、「藤田晋、ワインに熱狂中」。新時代の移動様式「自転車特集」や中田英寿と内田篤人による「”生き方”対談」もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる