MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.01.12

今だからこそ読んでおきたい、疫病禍の人間模様を描いた傑作歴史長編作

ゲーテ読者に薦めたいとっておきの1冊を、京大卒のオタク女子・三宅香帆が毎月ピックアップ! 今回は、ペスト禍における人間模様を克明に描きだす傑作歴史長編、『ペストの夜 上・下』をご紹介。

『ペストの夜 上・下』

ノーベル文学賞作家が描くパンデミックと国家、そして人間の闘争

物語の舞台は、1901年のオスマン帝国。架空の島であるミンゲル島でペストが発生、疫病が蔓延(まんえん)し始めた島に対し政府は海上封鎖を強めていく。そんななか、皇帝アブデュルハミト二世の命で派遣された疫病学者が何者かによって惨殺される事件が起き、代わりに皇帝の姪にあたるパーキーゼ姫とその婿であるヌーリー医師が送りこまれることに。果たしてふたりは、ペストの流行を食い止め、殺人事件の謎を解くことができるのか。歴史ミステリでありながら、ペスト禍における人間模様を克明に描きだす傑作歴史長編だ。

トルコ人として初めてノーベル文学賞を受賞した著者は、世界にコロナが蔓延する前から疫病をテーマにしたこの小説の執筆を始めていたという。奇しくも今の状況で本書を読むと、疫病との闘いの苛烈(かれつ)さがより際立って見えてくる。特に、疫病への対策という名目で島への管理を強めたい政府のあり方と、そんな島から逃げだしたい民衆が反発する描写などは、実にリアルな現象として胸に迫ってくるものがあるだろう。

人類のコロナとの闘いはまだまだ収束しそうにない。そんな今だからこそ、読んでおきたい小説のひとつである。

『ペストの夜 上』 『ペストの夜 下』
オルハン・パムク 著/宮下遼 訳 早川書房 各¥2,970

Kaho Miyake
1994年高知県生まれ。書評家、作家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。著書に『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』『女の子の謎を解く』等がある。

TEXT=三宅香帆

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる