MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.02

【写真で見る】西野亮廣の「えんとつ町のプペル」を体現した自邸

今回ゲーテでは、西野亮廣氏が兵庫県川西市に建築した自宅の引き渡し現場に立ち会った。その様子を写真で紹介する。西野亮廣氏のインタビューはこちらから 【特集 浪漫のある家】

西野亮廣氏の邸宅の画像を一挙見!

西野亮廣氏自宅

吹き抜けの中央には特注した螺旋階段。照明の配置にもこだわった。

西野亮廣氏外観

「えんとつ町のプペル」の世界から飛びだしたかのような家。門柱はロンドンにあった古い煙突。

西野亮廣氏自宅

カウンターもあるキッチンスペース。イギリス製のビューローデスクをシンクに、薪ストーブをコンロ下に置くなど、すべての建具、調度をアンティークなどで調え、年代感を持たせた。

西野亮廣氏自宅

1階の丸い床から一段上がったスペースをつくり椅子やソファを置く。

西野亮廣氏自宅

玄関を入ると、下に直接降りられるハッチを設置。

西野亮廣氏自宅

2階には大きめのテーブルを置き、打ち合わせや食事もできるようなスペースに。

西野亮廣氏自宅バスルーム

バスルームにはタイルを張ってレトロ感をだしつつも、水回りは最新の快適さに。「建物はもちろん、タイル、ガラス、配線など、すべてに高い技術がなければ、この家は建てられなかった」と只石氏は話す。

西野亮廣氏自宅

電気の配線などもわざと見せ、懐かしさのある空間にしている。

西野亮廣氏自宅

3階から下を見るとこんな感じ。書棚の間にある梯子は、実は棚を支える働きをする。

西野亮廣氏自宅

玄関から1階へ下りる階段。まっすぐではなくここもR状に。手摺には古いガス管が使われている。

西野亮廣氏自宅

3階の窓から望む五月山。

西野亮廣氏自宅

3階の屋根の一部はガラス張りにして光が差しこむつくりに。鏡を巧みに使うことで、空間の錯覚が。家全体に防音性も兼ね備えた断熱材が施されていて、省エネ対策もしっかり。

西野亮廣氏自宅

書棚の間にある扉の先には何があるのか? と思わせる演出も面白い。

西野亮廣氏

アンティークのライティングテーブルが置かれる、1階の書斎の中央。ここが西野亮廣氏の定位置。「こんな場所なら仕事に集中できそうだ」と西野氏も楽しそう。

西野亮廣氏のインタビューはこちらから

【特集 浪漫のある家】

TEXT=中井シノブ

PHOTOGRAPH=鞍留清隆

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる