GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.08.05

second jab!? ”2回目の注射”をスラングで言うと?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。英語力ゼロレッスン「人のEnglishを笑うな」第107回!

「連絡して」を今っぽく言ってみよう!

ヨーロッパではコロナウィルスの規制が徐々に緩和され、ロンドンに住んでいたときから入ってるグループチャットもにわかに活気が戻ってきました。自分の国に帰っていた友人たちも少しずつロンドンに戻っており、「戻ってきたなら、会おう」というメッセージが飛び交っています。

そんなメッセージを横目で見ていたら、こんな文字が目に飛び込んできました。

Ping me when you finish your quarantine.

「自粛期間が終わったら、ピングして。」とはなんだろう、と思ったのですが、どうやらこのメッセージの数日後、彼らは久しぶりに店を開けたパブで、飲み交わしたそうです。

Ping me=連絡して

ということのようでした。もともとIT用語から生まれた言葉のようで、シグナルを送ったり、短い間通信するようなことを言い表していたとのこと。それが「連絡する」という意味になったようです。スラングを載せる「アーバンディクショナリー」には、このような例文がありました。

Can we go to the movie tomorrow?
I don’t know. Ping me around eight and we’ll see how things are going.
「今晩映画に行かない?」「うーん、どうだろう。8時頃連絡してくれないかな。それで状況を確認しよう」

スペインからロンドンに戻った友人が送ってくれました。ロックダウンが終わりバーも再開しているようです。「金曜日の気分をとりもどそう!――毎日ね」という通りここからまた、友人は飲んだくれのロンドンライフが始まるようです。

「君はセカンドジャブをもうしたか?」
ってなんだろう?

Ping meってなんだか現代っぽい言葉だなと思ったのですが、「今っぽい」といえば、最近よく聞かれるのがこのフレーズ。

Have you got a second jab?

「セカンドジャブ?」とものすごいカタカナ英語で聞き返してしまいました。ジャブっていったらボクシングのアレかな? しかしなぜ私がジャブを受けなければ? しかもセカンドって? と「?」が止まりませんでした。

jab=注射
を言うスラングだそうです。
まぁコカインとかでもこういうふうにいったりするそうですが、今の世の中で「2回目の注射」といったらもうワクチンでしょう。

スラングではありますが、BBCでもよく使われている表現です。もともとはスコットランド英語のjobからきていて、「鳥が木の実などをつつく」動作を説明する、オノマトペのように使われていた言葉だそうです。確かに、注射されるのは「くちばしでつつかれる」感じに似ていますね。

これは実はイギリス英語のみで言うそうです。ただ最近はアメリカでも言われるようになり、アメリカの雑誌「ウォールストリートジャーナル」では「注射のことをjabなんて、アメリカ人なら言うな!」と言っている人と「shotって私たちは言うけど、なんかjabの方が痛くなさそうでいい」と言っている人で分かれていると紹介していました。確かに「打つ(shot)」より「つつく(jab)」の方が痛くなさそうです。
これからも「そういえば日本人はワクチン終わってるんだよね?」と聞かれる局面が増えてくると思いますので、覚えておいて損はないフレーズです。

蛇足ですが、オリンピック期間中、さまざまな外国の方が、日本語を覚えようとされているSNSや記事をみかけます。先日は「ググレカス」を説明しているものを見つけてしまいました。ここにご紹介させてください。

“ググレカス” (gugurekasu) essentially means “go Google it yourself, scum.” It might not be the best response when someone asks for directions to the nearest restaurant.
(ググレカスは、基本的に「自分でググれ、くずが」という意味です。誰かが「一番近いレストランは?」と聞いてきてこう答えるのは、よくないかもしれません)

scumが「くず」という意味なことに、この説明で気がつきました。
この記者はなぜ、この言葉に出会ったのかはわかりませんが、お互いに外国語のスラングを学んでいる姿勢が一緒で、親近感を覚えました。

Illustration=Norio

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる