MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.09.11

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父が選ばれる理由

クラブハウスで気持ちよくチェックインできれば、その日は好スコアが期待できる。そして美味しいランチを食べれば、元気にプレーができる。そんな好環境を実現しているのが「彩の森カントリークラブ・ホテル秩父」だ。 ※この記事はアコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。

「彩の森カントリークラブ・ホテル秩父」フロント副主任の菅沼愛里さん。

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父のフロント副主任の菅沼愛里さん。

フロント=ゴルフ場の”顔”

関越道と皆野寄居有料道路を利用し、あるいは公共交通機関と送迎バスで彩の森カントリークラブ・ホテル秩父に来たゴルファーは、まずはフロントに直行。ここでスムーズ、かつ気持ちよくチェックインできれば、プレーも気持ちよくできるというもの!

「彩の森カントリークラブ・ホテル秩父」フロント副主任の菅沼愛里さん。

フロントでチェックイン機へのご案内やお客様対応をする菅沼さん。

そんな大事な役目を担っているのが、フロント副主任の菅沼愛里さんだ。夏場はスタートが早いこともあって、毎朝5時半には出社して5時45分にはフロントに立ってお客様に対応する。

「朝早く起きてはるばる来ていただいたお客様は、プレーへの期待もあって気が急いていらっしゃる場合もあります。そんなお客様のテンションを損なわないためにも、一番気を遣っていることが、いかにスムーズに対応するかということです。でも、スピードばかり優先するのではなく、挨拶したりお客様の目を見て対応したりといった、きちんとしたコミュニケーションが大事だと思っています」と話す菅沼さん。

しかし、ここ最近はコロナ禍でのマスク着用の影響で、そうしたコミュニケーションが上手く取れないこともあるという。

「マスクで表情がわかりにくいぶん、大げさにニコッと笑うように心がけています。お客様を笑顔でコースに送り出したいですから。また、声をいつもより大きめに、しかもトーンを少し高くしています」と、菅原さんはお客様への対応を大切にしている。

菅沼さんの勤務歴は6年目になるが、新人当初はかなり緊張したと言う。「でも、しばらくするとメンバーのお客様が私の顔を覚えてくれて。名前で呼んでいただいた時はとても嬉しかったですね。ご年配のお客様にとって私は孫みたいな年齢ですから、本当に気さくに話しかけてくださり、可愛がってくれます」と笑う菅沼さん。そんな彼女の笑顔が、彩の森カントリークラブ・ホテル秩父を元気にしているのは間違いない。

「彩の森カントリークラブ・ホテル秩父」フロント副主任の菅沼愛里さん。

テキパキとした対応は当然だが、「おはようございます」の挨拶と「ニコッ」とした笑顔も欠かせない。地元の高校を卒業して彩の森カントリークラブ・ホテル秩父に入社。今年で勤続6年目の菅沼さんは「ホテルが併設しているので、1泊してゆっくりとゴルフをお楽しみください」と、宿泊&ゴルフプランを勧める。ちなみに、趣味はディズニーランド通いだとか。

美味しい料理でゴルファーを“お腹”からサポート

クラブハウスのフロントがゴルフ場の”朝の顔”として大事な役割を担っているように、レストランもゴルフ場にとってお客様と接する重要な場所。美味しい料理でお腹を満たせば、体力も復活し、好スコアにつながるはず。

そこを全面的に仕切るのが、シニア調理マネジャーの小林信隆さんだ。2022年の頭に彩の森カントリークラブ・ホテル秩父の厨房で働き始めた小林さんは、早くも通常メニューから新規のメニュー考案までを行い、ゴルファーの“食”をサポートする。

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父のシニア調理マネジャーの小林信隆さん

朝5時半には出勤し、ゴルファー用だけでなくホテル宿泊のお客様用の朝食も準備する。その後、ランチの用意と大忙しだ。

「ゴルファーのランチは、単にお腹がいっぱいになればよいというものではありません。せっかく秩父まで来ていただいているのですから、できるだけ地元の食材を使った料理を楽しんでいただきたいですね。そうすれば、仲間との会話も弾むでしょう」と、小林さん。

また、後半の9ホールを元気に回っていただくためにも、「栄養があって、それでいて消化しやすいメニューであることも大事」と話す。

そんな小林さんの自慢のメニューは「むさし麦豚 味噌漬け膳」だ。彩の森カントリークラブ・ホテル秩父の地元・寄居で育った豚を秩父の味噌に漬け、それをサッと焼き上げた極上の一品。むさし麦豚の肉の香ばしさと脂の甘みが甘じょっぱい味噌と絡み、ご飯がいくらでも食べられそうだ!

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父の「むさし麦豚 味噌漬け膳」

むさし麦豚 味噌漬け膳¥1,650(御飯・味噌汁つき)

小林さんは調理だけでなく、新メニューも考案している。「実はメニュー作りは美味しさだけじゃなく、いかに調理がスムーズにできるかも大事なんです。お客様を待たせるわけにはいきませんから」と話す。

「彩の森カントリークラブ・ホテル秩父」シニア調理マネジャーの小林信隆さん

趣味は「猟」で、冬は自分で射った獲物をジビエ料理にして楽しんでいるという。

「勤務中はほとんど厨房の中なので、お客様の反応がわかりにくいというのが寂しいですかね。そこで、ネットの書き込みをチェックしています。『料理が美味しかった』というコメントがあると、やっぱり嬉しいですね」と小林さんは笑う。

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父に訪れた時は、ゴルフはもちろんだが、レストランの極上の味も堪能していただきたい。

 

彩の森カントリークラブ・ホテル秩父
住所:埼玉県秩父市品沢坊ケ入1641
TEL:0494-62-1811(受付時間9:00〜19:00)
予約はこちら

 

アコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」 【外部サイト】

TEXT=POW-DER

PHOTOGRAPH=池田佳史

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる