MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.06.28

SÉZANNE|開業半年でミシュランガイド東京の一つ星を獲得したフレンチ

食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元康、小山薫堂、中田英寿、見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」。気鋭のシェフ、敏腕プロデューサーが手がけた話題のレストランをご紹介。最先端の東京がここにある。【Part4:名人の店】

SEZANNE

前菜「ボタン海老 セロリ キャビアオシェトラ」

小山薫堂「クラシカルな手法を使いながらも現代的で安定感のある美味しさ」

香港で名声を築いたイギリス人シェフによる独創的で繊細なフレンチのレストラン。2021年7月の開業から半年でミシュランガイド東京の一つ星を獲得し、今春は「アジアのベストレストラン50」で17位に選出。自家製サワードウブレッドも絶品。

SEZANNE

前菜「モリーユ茸 ホワイトアスパラガス ローストチキンソース」(料理はすべて¥34,155~のディナーコースの一例。

 シェフは香港の前はニューヨークの『パ・セ』にいたイギリス人。めちゃくちゃセンスがいいんです。

 僕も彼のことは香港にいた時からよく知っているんですけど、食材を理解した繊細な料理を作る勤勉なシェフなので、日本に来ると聞いて楽しみにしていました。

SEZANNE

デザート「クレームブリュレアイスクリーム」。

 料理はヌーベルキュイジーヌなの?

 はい。でもクラシカルな技法をベースにしているので、新しい料理なんだけど落ち着きがあります。古典的な手法を使いながらも、ちょっと今風に変えていたりするところがいいなと思うんですよ。僕が一番感動したのは、「松茸のリゾットのヴェッシー(豚の膀胱)包み」です。日本にしばらく住んだら、もっともっと日本の食材で面白いことをしてくれるんじゃないかなって思います。

 これからもっと進化していきそうで、僕も楽しみです。

SEZANNE

総料理長のダニエル・カルバート氏。ニューヨークの三つ星『パ・セ』で史上最年少のスーシェフとなった後、パリの三つ星『エピキュール』でフランス料理の真髄を学び、香港の人気ビストロ『ベロン』でヘッドシェフを務めた。

SEZANNE

香港を代表する建築家アンドレ・フー氏が内装を手がけた店内。

セザン
住所:東京都千代田区丸の内1-11-1(フォーシーズンズホテル丸の内東京7F)
TEL:03-5222-5810 
営業時間:12:00~L.O.13:45、18:00~L.O.20:45
定休日:月曜・火曜 
席数:42席、個室1室 
料金:コース/ランチ¥15,180~(休日¥34,155~)、ディナー¥34,155~

【ゲーテイスト2022】
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

TEXT=小松めぐみ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる