MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.04.13

ワインラバーが今、寵愛するワイン3選【Part1】

気分によってワインを選ぶのが大人の嗜み。ワインラバーたちに今の〝バディ〞3本を選んでもらった。銘柄も生産年も入手困難なマニア垂涎のワインを所有する投資家がセレクトする3本。

遠藤 洋

飲み手が試される時間が生みだす味

フランス旅行でワインのおいしさに目覚めて以来、熱狂して集めたコレクションは2年で500本以上! 海外に行くたびにワイナリーや現地の酒店を訪ねたり、国内外のオークションで、お目当てのワインを探しているという投資家の遠藤洋氏。

「シャトー・ラヤスはフランス・ランスの酒店で非売品だった最後の1本を、ワイン愛を語って交渉し(笑)、手に入れました」

セラーから出したワインは、銘柄も生産年も入手困難なマニア垂涎のものばかり。

遠藤洋

最近飲んで感動したルロワラ・ロマネ 1962。数日前に仲間とともに開けた。

「僕にとってワインは、時間がつくった味を楽しむもの。美術館の名画のように、歴史が作る作品をいただく感覚です」

だからこそ、飲み手が試されるとも遠藤氏は言う。

「貴重なワインを飲むことは、歴史的な1本がこの世から消え去るということですから。ワインの味やストーリーをちゃんと理解しているのか、そしてこの愛すべきワインにふさわしい自分でいられているのかを改めて問われている気がします。ゆえに、いつ開けるべきかと自分の目標にもなる。だからこそボトルを開けた時、その体験が忘れられないものになるのだと思います」

遠藤 洋

右:ロベール・グロフィエシャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュレ・ザムルーズ 2005 中:エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ クロ・パラントゥ 1995 左:シャトー・ラヤス シャトーヌフ・デュ・パプ レゼルヴ 2005
一度飲んで忘れられず、オークションで落札したエマニュエル・ルジェ。シャトー・ラヤスはフランス旅行中に偶然発見。ロベール・グロフィエはブルゴーニュ最良の年、2005年のもの。

遠藤 洋
1987年埼玉県生まれ。ベンチャー企業を経てコンサル会社キープライムを起業。投資コミュニティixi主宰。「投資をしながら自由に生きる」(ダイヤモンド社)ほか著書も多数。

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=古谷利幸

COOPERATION=安井桃子

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる