GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.03.16

名店「エスキス」の系譜を受け継ぐ表参道のフレンチ「エラン」

コンテンポラリーフレンチの旗手『エスキス』。その名店を巣立ったシェフの新店を紹介する。

エラン

洗練のコンテンポラリーフレンチ

表参道の商業施設GYREの4階に誕生した食の複合空間「GYRE.FOOD」。

その中のフレンチレストラン『エラン』を立ち上げた信太竜馬氏は、フランスや東京の錚々たる名店で切磋琢磨した若手シェフだ。

名店『ロオジエ』では“レストランに従事する者としての姿勢”を学び、2つ星の『エスキス』ではフランス人シェフの下で技術と感覚を磨いたという。

エラン

エグゼクティブシェフの信太竜馬氏。開店準備時は、自ら生産者の元を訪れ、食材を選定した。

そんな信太シェフが作るおまかせコースのメニューは、主な食材名だけを記し、想像力をくすぐる趣向。

12皿で50近くに及ぶ主食材は、京都の七谷鴨をはじめ、選び抜かれたものばかりだ。それらの持ち味を繊細な火入れで引きだし、ひと皿ひと皿を丁寧に組み立てるのが信太流。

コースの構成は1曲の音楽のような起伏に富み、肉料理の後はチーズ、デザート、小菓子と続いて、穏やかなフィナーレを迎える。

エラン

「カリフラワー ウニ 舞茸 晩白柚 ノワゼット」。カリフラワーのフランに鶏のソース、燻製にかけたクリーム、ウニなどをのせたひと皿。晩白柚とヘーゼルナッツの香りがアクセント。

エラン

空豆のブランマンジェと貝の食感が楽しい「空豆 コキヤージュ 金柑 柚子」。

エラン

「七谷鴨 酒粕 カシス トピナンブール 牛蒡フキノトウ」。酒粕に漬けて焼いた鴨が自家製フキノトウ味噌のコク、牛蒡の香りとよく合う。¥15,000のコースより。

エラン

建築家の田根 剛氏が手がけた空間は植栽が印象的。1月開業。

élan
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE4F
TEL:03-6803-8670
営業時間:18:00~L.O. 21:00
休業日:水曜
座席数:ダイニング22席、個室1室(2~6名)
料金:¥15,000~

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=中庭愉生

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる