GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.03.19

ペントハウス|政財界のそうそうたる人たちが密かに通うステーキサロン

シンプルに、肉だけをガツンと喰らいたい時もある。プロの焼き師による焼き肉に、分厚いステーキたち……。肉を語りだしたら止まらない3兄弟、パッショナブルでいるためには、やっぱり“肉”が源。

ペントハウス

創業45余年の老舗。伝統の焼き方の格別ステーキ

秋元 肉シリーズで挙げるなら、ここ。1971年創業の老舗ステーキサロンです。

見城 政財界の錚々たる方々も通っているらしいよね。

秋元 メニューはおまかせのコースのみで、肉のボリュームによって金額が異なるのだけれど、予算は3万円程度。で、ステーキは「何グラム召し上がりますか?」ってまず聞かれるの。

小山 自己申告ですか? せいぜい200gくらい?

秋元 そう思うでしょ? 男性だと大体250gくらい注文するんだけれど、僕は300gでちょうどよかった。

見城 300g! なかなかやるね〜。

1971年創業の歴史ある会員制ステーキハウス。

1971年創業の歴史ある会員制ステーキハウス。

秋元 主に宮崎県産の黒毛和牛や神戸牛、松阪牛のサーロイン、フィレ、シャトーブリアンにこだわっている。フィレとサーロインが選べてハーフ&ハーフでもいい。何がいいって、とにかく手際よくステーキをポンと焼いてくれるところ。味付けはシンプルに塩だけ。醤油とマスタードで食べさせてくれる。

見城 肉以外には何があるの?

秋元 白いご飯と味噌汁。

見城 いや、その前、その前。

秋元 前菜で牛肉の刺身があって、グリーンサラダ。思い切りがいい。最高の組み合わせでしょ? しかも銀座なのに、気取ってないところがいい。

上階の『ペントハウス銀座 hanare:』。

上階の『ペントハウス銀座 hanare:』。テーブル18席、カウンター5席。『ペントハウス』と同じメニューが味わえる。

小山 創業45年以上なんですね。

秋元 歴史がありますよね。お店伝統の焼き方で焼いたステーキは、別格なんです。

見城 予算3万はそこそこ高いじゃない。

小山 それだけ美味しいってことですね。興味ある。でも会員制じゃないんですか?

秋元 一見さんお断りの会員制。この店のすぐ上に『ペントハウス銀座hanare:』という姉妹店があって、同じものを食べられます。一般客でも入れるらしい。

見城 まずはそこから、だね。

和牛サーロインステーキ。

和牛サーロインステーキ。写真は300g。白いご飯と味噌汁つき。ブランドにこだわらず赤身と サシのバランスがいい牛肉を仕入れる。特にサーロインは外をカリカリ、中はジューシーな焼き加減で提供。

和牛刺し。

和牛刺し。ピュアな脂が口の中でとろけるよう。前菜として。※料理はおまかせ。¥20,000前後。

Penthouse
TEL:非公開(『ペントハウス銀座 hanare:』03-3573-5540)
住所:東京都中央区銀座8-5-9 民友ビル3F
営業時間:17:30〜L.O.22:00
休み:日曜・ 祝日
座席数:テーブル18席、カウンター5席

TEXT=粂 真美子

PHOTOGRAPH=田村浩章

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる