MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2021.12.11

幹コーポレーション古賀幹治「時計は出合いモノ。時計を通じていろいろな人とつながれる」

いついかなる時も仕事にまっすぐ向き合い、成果を残してきた男たち。腕時計に思いを託して勝負を挑む日常を彩るのが、勝負時計だ。最愛の時計たちのストーリーを聞いた。

古賀幹治

時計×ファッション、それが楽しい

「時計を強く意識するようになったのは30年ほど前から。きっかけはパネライ。それまでも時計は好きでしたが、オーセンティックなデザインしか触れたことがなくて。その頃から、パネライのような新スタイルの時計が増えてきて、時計に面白さを感じるようになりました」

カルパ XL エブドマデ-ル

パルミジャーニ・フルリエの「カルパ XL エブドマデ-ル」はルックスが強烈な個性を放つ。

そう話すのは、幹コーポレーション代表取締役の古賀幹治氏。福岡県で貨物の保管や小口配送の業務などを手がける会社を経営している。オーダースーツを身に纏(まと)った美しい姿は、82歳という年齢を感じさせない。

「いつまでも現役のビジネスパーソンであり続けるためには、ファッションはとても大切。そのひとつが時計です。私にとって時計はファッションと切っても切り離せないモノ。出張の際には、必ず2〜3本の時計を持参して、誰に会うのか、そして仕事の内容やファッションを考えながら、“勝負時計”を選ぶようにしています」

トンダGT

「トンダGT」はパルミジャーニ・フルリエが投入する新定番のラグジュアリースポーツモデル。

そんな古賀氏の最近のお気に入りは、パルミジャーニ・フルリエの「カルパ XL エブドマデール」。独特のトノーシェイプに縦スケルトンのダイヤルを組み合わせた姿は、かなり個性的だ。

「この時計に出合ったのは2019年のSIHH(スイス・ジュネーブで開催されていた新作時計の展示イベント)です。いつもお世話になっている福岡の時計専門店オロジオの木村喜久社長のご招待でしたが、そこでパルミジャーニ・フルリエというブランドに出合いました。衝撃的でしたね。私がこれまで持っていないタイプのデザインでしたし、品質もずば抜けていた。

なかでもこのカルパは、ひと目惚れで。僕は所有するすべての時計に愛があるし、思い出も深い。だからカルパだけが特別というわけじゃない。しかしパルミジャーニ・フルリエは知る人ぞ知るブランドですから、『変わった時計ですね』と話のきっかけにもなる。それが密かな楽しみにもなっています」

ラジオミール 1940 クロノグラフ オロロッソ

右からパネライ「ラジオミール 1940 クロノグラフ オロロッソ」、IWC「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー “クルト・クラウス”」、IWC「トリビュート・トゥ・パルウェーバー“150イヤーズ”」、30年ほど前のジラール・ペルゴのクロノグラフ。

この実力派ブランドに魅せられた古賀氏は、新しいラグジュアリースポーツウォッチの「トンダGT」も手にいれた。

「これまでのパルミジャーニ・フルリエにはないスタイルですし、今の私のライフスタイルに合うモノでもある。この時計にどんなファッションを合わせようかとワクワクしています」

シューズボックス

自宅のシューズボックスには床から天井まで、数多(あまた)のスニーカーが並ぶ。

リビングのセラー

リビングのセラーには、常時びっしりとワインを収納。客を招いて古賀氏が自ら料理を振る舞うそう。

現役の会社経営者として忙しい日々を送りながらも、ファッションや時計を楽しむ。そんな先達の姿に学ぶことは多い。

「時計は“人間形成”だと思います。きちんとしたファッションをしているなら、時計だってきちんとしたモノをつけるべきでしょう。私が選んできたのは、すべて普段使いの時計たち。数十本ありますが、どれもが縁があって私の元にやってきた。コレクションボックスに並べ、どれをつけようかと思い悩む時間も楽しいです。そしてこういった時計は、いろいろな縁を連れてきてくれる。オロジオの木村社長がいたからこそ、こういった時計に出合えたともいえるし、いろいろなつながりが広がっていくのも腕時計の面白さですね」

十四代 酒井田 柿右衛門の皿

十四代 酒井田 柿右衛門の皿など、さまざまな骨董(こっとう)も収集している。

そろそろ現役を退き、会長職になろうという古賀氏は、“上がりの時計”を探している。しかしそれが最後の時計になるとは周囲も本人も思っていない。最前線に立ち続ける仕事人にとっての勝負時計は、一生探し続けるモノなのかもしれない。

時計を通じて交流を持った、福岡の時計店オロジオの木村社長(左からふたりめ)は、年齢を重ねてから会社を設立したという共通点があり、経営者としても尊敬しあう仲。そして幸子夫人(一番左)、オロジオのブランドマネージャー山本昌平氏&奥様の圭美(たまみ)さん(右)。

 

Kanji Koga

Kanji Koga
1940年福岡県生まれ。’91年に幹コーポレーションを設立。物流倉庫業や、米国デュポン社の素材タイベックシルバーの加工業などを営んでいる。ファッション、アート、ワイン、スニーカーなども愛する趣味人。

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=林田大輔

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる