MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.12.14

「手土産とは“膝カックン”である」放送作家・脚本家 小山薫堂の鉄板手土産3選

TV番組やさまざまなプロジェクトで、人の心に残る、サプライズ溢れる企画を次々と仕掛けてきた放送作家・脚本家小山薫堂氏。手土産にも、贈る相手を楽しませる思いがけないサプライズと心配りがこめられている。そんな彼のとっておきの手土産を教えてもらった。

膝カックンのようなフェイント感に満ちた手土産を

経営者から料理人、アーティストなど渡す相手は多岐にわたるという、放送作家・小山薫堂氏。

「自分が本当に好きなものを、おすそ分けする気持ち。それが手土産の鉄則だと思います。選ぶアイテムには、相手が負担を感じず、でも自分では買わないものと、大切な人の人生の記憶に残るようなものの2タイプがあります」

前者でお薦めというのが、かなや刷子の「歯ブラシ」と下鴨茶寮の「下鴨昆布」だ。「贈られた方がお返しに悩むような気遣いをさせないものがちょうどいい。誰にもらったか忘れたとしても、使っていて気持ちいいとか美味しかったと思えるものを選んでいます」

そして人生の記憶に残るようなものひとつが、アイヴァンの眼鏡だ。「眼鏡なら『未来がよりはっきり見えるように』、サングラスなら『輝かしい未来はきっとまぶしい』と一言添えて渡します」と、仕事で知り合った方のほか、おいしい食を提供してくれたシェフへ送ることもあるそうだ。

「手土産が単なる“マナー”になってしまってはつまらない。何も期待していない時に『こんなものを!? 』という方がおもしろいですよね。例えば、後ろから“膝カックン”をされて思わず笑ってしまうような(笑)。手土産は、そんなフェイント感に満ちている方がいいと思います」

小山薫堂のとっておきの手土産3選

1.使うほど歯になじむ、お気に入りの一品
かなや刷子「馬毛歯ブラシ」

koyama

「馬毛歯ブラシ(3本入り)¥1,188」(かなや刷子 TEL:03-3875-1226)

「毛が広がらず、使えば使うほど歯と歯茎に馴染んで歯がつるつるになるので、僕も大のお気に入りです」と小山氏も愛用しているのが、大正時代創業のはけとぶらしの専門店かなや刷子の歯ブラシ。

「もらっても負担にならないアイテムなのでよく手土産にしています。以前渡した方から、『旅行にも持っていくし、朝晩、君のことを思い出すよ』と言われたのは、ちょっとうれしかったですね(笑)」

2.「未来が見える」そんな意味も込めて
アイヴァン「アイウェア」

小山氏 手土産

ギフトチケット「Glass You!」¥25,000(Eyevol Tokyo Store TEL:03-6427-3677)

渡すのはbless you! ならぬ「Glass you!」と名づけたギフトチケット。実は小山氏が以前からアイウェアを手土産にしていたことをきっかけに、今年このギフトチケットが誕生した。

大切な人へのメッセージが書きこめるメガネ型のギフトチケットで、小山氏は、自ら選んで眼鏡やサングラスを贈るほか、このチケットを贈ることもあるそう。

3.老舗料亭の上品ふりかけ
下鴨茶寮「下鴨昆布」

小山氏 手土産

「下鴨昆布」¥3,240(下鴨茶寮 TEL:075-692-2003) 

創業160年以上という京都の老舗料亭が作る「下鴨昆布」は、北海道産天然昆布を醤油で炊いたふりかけ。

「以前著名なイラストレーターから『手土産は気を遣わせず、このくらいがちょうどいい』とごま塩をいただいたことがあって、粋だなと思ったんです。この下鴨昆布は味もいいし、ふりかけなら贈られた方の負担にもならないと思います」

誰もが喜ぶご飯のお供だが、桐箱に入っているので見た目も上品。

小山薫堂/Kundo Koyama
1964年熊本県生まれ。大学在学中から放送作家として活躍。企画・構成した斬新な番組が話題に。 企画・脚本を手がけた映画『湯道』が2023年2月23日に公開予定。

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる