MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.09.18

ラオックス会長・羅 怡文が譲り受けた貴重かつ膨大なワイン・コレクションとは

ワインのない人生なんて、血の通ってない人生だ! 経営者やクリエイターが愛してやまない偏愛ワインを紹介する。【特集 情熱の酒】

羅 怡文氏

CITY CLUB OF TOKYOのワインセラーから特別に取りだしたシャンベルタン、ラターシュ、ロマネコンティ、アンリ・ジャイエなど、お気に入りのヴィンテージ銘柄を前に相好を崩す羅会長。

ワインは人生そのもの。“人生を愉しむ”ために飲む

「それは約10年前のこと。もともとワインは好きで折にふれ嗜んでいましたが、縁あって、とある紳士の貴重かつ膨大なワイン・コレクションを一括して譲り受けることになったのです。それはもう垂涎の素晴らしいラインナップで、まさに運命的な出会いでした──」

銀座四丁目交差点にほど近いビルにある会員制「CITY CLUB OF TOKYO」にて、その創設メンバーのひとりであるラオックス会長の羅怡文氏はゆったりと語り始めた。

「長らく食に興味があり、グルメであることは自負していました。10年前のあのコレクションとの邂逅以降は“美食と美酒=ワインのマリアージュ”に目覚め、飲んではまた新たに購入して、の繰り返しです」

「CITY CLUB OF TOKYO」のワインセラー

夏は約16℃に保たれ除湿も行き届いた「CITY CLUB OF TOKYO」のワインセラーは、珠玉の約9000本を収蔵。

和食やフレンチ、イタリアン、中華などジャンルを問わずの食の探究は続き、食中酒として相性のよいワインの知識も増えていった。現在のお気に入りの銘柄は、和食をはじめ幅広い料理に合って身体への負担も軽い、フランスのブルゴーニュとシャンパーニュが多いとのこと。

「今晩はこのあと、ブルゴーニュの銘醸『アンリ・ジャイエ』を味わう会を仲間と催すのです。実は今からワクワクしています。ボルドーの古酒も大好きで、適度にアルコールが抜けて口当たりが優しいヴィンテージワインも収集しているんです」

ラオックスは数年前、訪日外国人向けビジネスで一世を風靡。羅さんは『爆買い』で流行語大賞授賞式の壇上にも登った。しかしコロナ禍で環境が激変。現在は“グローバルライフスタイル”をキーワードに新業態構築のため日夜奔走する。

「以前から会食は多いけれど、私はワインを仕事に使うという意識はまったくありません。蘊蓄にもこだわらない。おいしい食事と、おいしいワインをいただくことを純粋に楽しみます。ワインならではの文化や歴史、地勢、社会的価値にももちろん興味と敬意はありますし、ビジネスの潤滑油になることも理解しています。でも、“おいしく飲んで食べて愉しむ”という原点を忘れたことはありません」

グラン・ヴァンのジェロボアム

名だたるグラン・ヴァンのジェロボアム(3ℓ)/マグナム(1.5ℓ)ボトルも多数鎮座する。

商談会食を彩るツールとしてのワインの効用は認めつつも、羅氏は、ワインは気の置けない友人・知人とリラックスして食事をしながら堪能することを旨としているのだ。

「希代の銘醸を含む私自身のコレクションは、ざっと1万本近く。かなうものなら体力さえ許せば生涯ですべて飲み切ってしまいたい。友人たちと芳醇なワインを味わい楽しく語り合ったひと時の思い出は、永遠に残り続けますから。たとえ味は忘れてしまっても、ね」と屈託なく笑う。

どのワインをいつ誰と開けるか、何料理に合わせるか、といったことは事前にあまり考えない。その日の気分と雰囲気、料理、メンバーにより抜栓する一本をその場で選び、テーブルを囲む仲間と眼福、口福にひたる。写真やメモはいっさい取らず、エチケットも保存しない。

グランクリュ・ワインカンパニー社長の渋谷康弘氏

ワイン輸入商社グランクリュ・ワインカンパニー社長の渋谷康弘氏と語らう。羅会長のワインの管理も担当する“プライベート・ソムリエ”的存在だ。

羅会長にとってのワインとは、「ワインは人生そのもの。“人生を愉しむ”という自分の価値観の象徴です」とのことだ。

至言『ワインのない食事は太陽の出ない一日』『つまらないワインを飲むには人生はあまりに短すぎる』を遺した文豪ゲーテと、同じ境地に違いない。

 

Yiwen Luo

Yiwen Luo
1963年上海生まれ。’89年に来日。在学中の’92年に中国語の新聞を創刊、2006年には上海新天地(現・日本観光免税)を設立。’09年ラオックスに資本参加し代表取締役社長に就任。’21年から現職。

【特集 情熱の酒】

TEXT=数藤 健

PHOTOGRAPH=長尾真志

COOPERATION=CITY CLUB OF TOKYO

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる