MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.09.09

柴崎岳「いかに理想から逃れていくか」年齢を重ねて変化した目標と理想

三好康児武藤嘉紀中島翔哉柴崎岳……。己の成長、その先にある目標を目指して挑戦し続けるフットボーラーたちに独占インタビュー。さらなる飛躍を誰もが期待してしまう彼らの思考に迫る。4人目は、スペインで5年半にわたって戦い続ける、CDレガネスMF・柴崎岳。2回目。

CDレガネスMF・柴崎岳。

理想の自分との距離を、今どう感じているか

鹿島アントラーズで迎えたプロ2年目のオフ、柴崎岳は旅行を兼ねてスペインを訪れ、カンプノウの3階席からFCバロセロナの試合を観戦した。

ピッチではシャビとアンドレス・イニエスタが気持ち良さそうにボールを動かし、ピッチサイドではジョゼップ・グアルディオラ監督が指示を出している。かねてからスペインでプレーすることに憧れていた青年は「いつか、このクラブでプレーしたい」という思いを強めた。

2017年1月にスペイン移籍を実現した柴崎はここまで、CDテネリフェ(2部)、ヘタフェCF(1部)、デポルティーボ・ラ・コルーニャ(2部)、CDレガネス(2部)と4つのチームでキャリアを重ねてきた。

テネリフェでは1部への個人昇格を果たし、ヘタフェではカンプノウでバルセロナと対戦するなど、目標の舞台が日常になった。だが、デポルティーボでは3部に降格し、レガネスではあと一歩のところで1部昇格を逃した経験もある。

スペインで5年半にわたって戦い続けるなかで、中盤の選手としてプレーの幅を広げ、成熟してきた一方で、憧れのクラブにはたどり着いていない。思い描いていた理想の自分との距離を、今どのように感じているのか。

「近づいている部分もあれば、かなりかけ離れている部分もある。そこがマッチしなかったんだなって、分かった部分がありますよね。そのふたつは同時進行で進んでいなかったんだなって。ただ、昔に描いていた理想は、今となってはどうでもいいと思うことが多々あって。縛られ続けていると迷走して、病んでいくというか。理想を掲げる時期はありつつ、いかにその理想から逃れていくかが、大人になるにつれて大事になると、最近は感じていますね」

どのクラブでプレーするか――。これは選手個人の力では、どうにもできない問題だ。思い描く理想のクラブに加入できる選手は、世界を見渡してもほんのひと握り。それ以外の選手たちは移籍市場の動向など、他力本願な部分もある。

しかも、コロナ禍の今はどのクラブも財布の紐が堅くなっている。もともとスペインリーグは外国人枠があるため、日本人がプレーするのが難しいリーグでもある。久保建英も外国人枠に阻まれ、レアル・マドリーに戻ることができなかった。

日本代表で柴崎とチームメイトだった2歳下の中島翔哉は、かつて「チャンピオンズリーグで優勝する」といった目標を掲げ、メガクラブへの移籍を夢見ていたが、今は「サッカーを楽しむ」「少しでもうまくなる」ことを目標にし、その結果として、どこにたどり着けるか、というマインドに変わっている。

現在の柴崎にとっても、大事なのはどこでプレーするかではなく、サッカー選手としてどう成長していくか、ということなのだろう。

「理想の自分になってみたら、意外と自分の思い描いていた環境でなかったりするかもしれない。自分が今、好きだと感じることを追求していった結果、自分の想像していなかった自分になれるかもしれない。そのほうが面白いんじゃないかなとも思っていて」

何が正解で、何が不正解かは誰にも分からない。そして、理想を追い続けることは素晴らしい、という決めつけが自身の可能性を狭めてしまうことを、30歳を迎えた柴崎は感じているのかもしれない。

「どこかのクラブの一員になりたいっていう目標や夢は、サッカー少年だったら誰でも持つものですよね。仮にそれが成し遂げられなかったとしても、目指すことで今の自分になれたと捉えることもできる。あるいは、その目標に向かって突き進んできたけれど、行き詰まったときに違う考え方ができれば、さらに進んでいけるんじゃないかとも思っていて。そこの切り替えがうまくできるといいんじゃないかな」

スペインでプレーすること、バルセロナの一員となることを目指したからこそ、今の柴崎岳が形成されたのは紛れもない事実だ。そして、スペインでの7シーズン目を迎え、バルセロナでプレーするという夢が実現する可能性は低くなっている。

柴崎はすでに、考え方を変えた。

異国で暮らすことで出会える新たな自分、自然体で出会えるプレーヤーとしての新たな自分を楽しもうとしているのだ。おそらく柴崎は、選手としても、人間としても、そんな未知なる自分にワクワクしながら、今を生きているのだろう。

CDレガネスMF・柴崎岳。

サッカーがうまくなることが楽しい

柴崎にとって鹿島の大先輩である小笠原満男は「岳が頑張っているのを見ると、悔しいよね」と羨ましそうに語ったことがある。彼自身は欧州でキャリアを重ねていくことを目指しながら、1年でJリーグ復帰を余儀なくされていた。

「人生、いい思いばかりするより、悔しさを味わって、そこから這い上がるのが大事。一度そういう経験をしたやつは、やっぱり強いですよ」

小笠原が言うように、歯を食いしばりながらやってきた過程にこそ大きな意味がある。

そして歯を食いしばってきたはずの過程も、柴崎は苦ではなかったという。

「『仕事が楽しければ人生も愉しい』という雑誌(『GEOTHE』)のテーマに反するんですけれど(笑)、僕はそもそもサッカーを仕事と捉えたことがあまりないんです。なので、努力しているっていう感覚がなくて。サッカーがうまくなることが楽しいので、うまくなるためにしていることを苦に感じることがない。逆に、自分が日々積み上げていくことを苦に感じたら、辛いんじゃないかなって。もし、それが楽しくなくなったら、引退するときなのかなと」

サッカーがうまくなりたいから、楽しいから、柴崎は日々ボールを蹴り続ける。そしてその先に4年に一度の祭典が待っている。

3回目に続く。

過去連載記事

Gaku Shibasaki
1992年青森県生まれ。青森山田高校1年生にして、背番号10を背負う。2011年、鹿島アントラーズに入団、同年ベストヤングプレーヤー賞も受賞。’17年より、スペインリーグへ移籍し、現在はCDレガネス所属。日本代表には、’12年に初選出され、2018年ロシアW杯では4試合に出場。’18年、女優の真野恵里菜と結婚。

中島翔哉の独占インタビューはこちら

三好康児の独占インタビューはこちら

武藤嘉紀の独占インタビューはこちら

TEXT=飯尾篤史

PHOTOGRAPH=杉田裕一

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる