GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2016.09.28

山井 太×山本善政 ~相師相愛vol.03「超カッコマン」

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ「相師相愛」ともいえるふたりの姿をご紹介。第3回は、新潟の経済界を大いに盛り上げる経営者たち。

相師相愛3

山井 新発田の本社での初対面が、とにかく強烈でした。

山本 証券会社の営業担当と一緒に来たんだよね。

山井 まだ上場を迷っている時期で、話を聞いてみたらいいんじゃないかと。オーラと温かさが共存していて、こんな人がいるのか、と思いました。

山本 自分の10年前を見ているみたいだったね。肉食系で、超カッコマンで(笑)。

山井 上場時の記念盾や東証で鐘を鳴らしている写真を見せてもらって。僕にとっては最高のプレゼンテーションでした。

山本 リアルな体験を伝えるのが一番いいと思った。男ならやってみたら、と。

山井 そんな優しい言い方じゃなかった(笑)。「君、男だよな」「はい」「経営者だよな」「はい」「だったら、なんで上場しないんだ」みたいな。

山本 会った瞬間、これは上場できる男だ、と思った。目先の損得なんかより、大事なミッションを追求している。やっぱり大切なのは理念なんですよ。40代でもがき苦しんでつぶれそうになった自分をリセットして気が付いたのが、それだった。理念を命がけで語り続けるのが、私の仕事だと思っているから。

山井 学ばせてもらっているのは、理念を掲げながらもきちんと会社に血が通っている点です。それは、トップの人徳であり、人間性だと思う。新潟経済同友会の筆頭代表幹事もされていますが、お付き合いをしていて私利私欲を感じない。いつも公の意識が先に立っている。

山本 知り合った人みんなでよくなっていこうよ、とただ思っているだけです。そうすることで新潟がよくなっていくし、日本がよくなっていくと思う。還暦を過ぎて思うことは、正しいことをしっかりやっていれば、いい答えが出てくるということ。

山井 自分の10年後が見えるというか、この人の歳になった時に、こういう存在でいたい、といつも思わせてくれるんですよね。だから、教わったことは若い人たちに伝えていきたい。

山本 私が週に一度は時間を取っているアーチェリーでスノーピークに何かしてほしいね(笑)。

山井 携帯電話の待受画面が、自分のアーチェリー姿ですからね(笑)。孫もいるのに(笑)。

山本 ほら、ふたりともカッコマンだからさ(笑)。でも、カッコって、大事。デザインだって、センスだって、カッコだもの。でも、やっぱりオレのほうがカッコいいかな(笑)。

山井 そのとおりです(笑)。

スノーピーク 代表取締役社長 山井 太(左)
1959年生まれ。オートキャンピングのパイオニアメーカーとして日本のアウトドアシーンを革新。本社には、キャンプフィールドが併設されている。

ハードオフコーポレーション 代表取締役会長兼社長 山本善政(右)
1948年生まれ。リユース・リサイクル品の仕入れ販売を行う「ハードオフ」を創業。3Kと呼ばれたリサイクルショップのイメージを払拭した名経営者。

TEXT=上阪 徹

PHOTOGRAPH=吉沢浩二(studio Roop)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる