MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.01.14

リッツウェルの技術力が凝縮した、ステッチが美しいイージーチェア

限界を知らない男、モノ、コト――過剰なモノを愛し続けたゲーテ編集部が贈る特集「最上級事典2023」。妥協を知らないゲーテ流の最上級とは何か。今回は、リッツウェルのチェアを紹介する。【特集 最上級事典2023】

リッツウェルのチェア

今回紹介するハンドステッチシリーズは、ブランド創業30周年を記念したモノ。いわば、原点回帰とばかりにブランドの高い技術力を余すことなく投入したチェアとなる。イタリアのアーキプロダクツデザイン賞2022を獲得。W70×H79×D76.5㎝。¥352,000〜(リッツウェル)

誰にも気づかれないそのステッチこそが喜び

ビジネスがカジュアル化した結果、紳士靴の売れ行きも落ちている。しかし、実はハイエンドラインやオーダー靴の需要は高まっている。何もかもが安く手に入る時代、あまつさえデジタル化によってモノへの興味が薄れつつあるなかだからこそ、人はかけがえのない技術への憧れを強めるのだろう。リッツウェルの新作は、そんな時代が求めるチェアといえる。

2011年に誕生した「リヴァージュ」。日本刀の反りに着想を得た背もたれや肘掛けのゆるやかなカーブが特徴となるひとり掛けのイージーチェアだが、2022年ハンドステッチシリーズを登場させた。革をすくい縫いしながらクロスさせる手間のかかる縫製は、強度を確保しながら美しさも楽しませる。ステッチを主張することで、技術力を誇示しているのだ。さながら、ジャケットのラペルで披露する美しいステッチといったところか。

派手な意匠ではないが、見る人が見れば感心するはず。自宅で使うチェアは披露する機会もさしてなかろうが、得てして美意識とはそういうものだ。誰に知られずとも、ただいとおしむ。たとえ自己満足でも、その喜びは誰にも奪えない。

問い合わせ
リッツウェル表参道 TEL:03-3423-2929

【特集 最上級事典2023】

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=SHINMEI(SEPT)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる