GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.04.07

香川真司選手にとって生涯1冊の本が完成! 人生の選択のすべてが明かされる

香川真司選手の新刊『心が震えるか、否か。』が4月7日に発売となった。その制作年数はなんと11年弱におよぶ。担当編集者が香川選手から引きだした心の指針を明かした。

香川真司書籍

人生における明確な選択基準

2010年、香川真司選手がドイツへと移籍した。私はそのデビュー戦を見るべく、出張先のスイスからドイツへと向かった。スタジアム行きのトラムでは「日本人が何しに来た?」という圧を感じたし、ハーフタイムにトイレに行こうと思っても、でかいドイツ人に阻まれてなかなか前に進めなかったことを覚えている。

数ヵ月後、またドルトムントに行った。その頃、香川選手はチームの中心選手として、圧倒的なパフォーマンスを披露し、ドイツのサポーターを魅了していた。

「シンジ、すげぇな」

心が震えた。他の選手とは明らかに違うリズムを刻み、ゴール前付近で神出鬼没に動き回り、ゴールを陥れた。その時には、トイレにもスムーズに入れたし、スタジアムでは日本人を見ると「シンジ!」と声をかけてくる。状況はあっという間に変わった。「彼の本が作りたい」。

そう考えてから約11年。ついに香川選手の本が完成した。欧州で自身リーグ三連覇、日本代表でも長年10番をつけるなど、実績は十分な一方で、干された時もあれば、なかなかチームが決まらないというような不遇の時も過ごした。私は彼の経験を「次の世代にストレートに伝えたい」という編集方針のもと、時系列に掲載した。

サッカー選手を仕事にし、年齢を重ねていくと単純に「楽しみたい」「うまくなりたい」だけでは壁にぶち当たる。さまざまな選択肢が提示されるなかで、香川選手が仕事人として導きだしたのが「お金ではない。心が震えるか? 魂が揺さぶられるか?」だったのだ。

マーケティングではなく、選手として必要としてくれているか。この監督のもとでサッカーがやりたいか。常に自問自答し、納得することで前に進むべきだということを香川真司選手は提示してくれた。彼は言う。

「一見、華やかなキャリアに見えるかもしれないけれど、失敗や後悔だらけなんです。僕がもがいた姿を記すことで、誰かの糧になればいいな、と思っています」

人生は選択の連続だ。よく困難なほうに進めと言われることもあるけれど、香川選手のニュアンスは違う。

「名将ファーガソンは、僕が必要だと熱弁してくれた。だからマンチェスター・ユナイテッドに挑戦したんです」

心が震えるか、否か。香川選手の人生の選択基準は、そこにある。

 

心が震えるか、否か。

香川真司 著
『心が震えるか、否か。』
380ページ、本文2段組とかなりのボリュームの1冊だ。幻冬舎刊(¥1,760)

TEXT=二本柳陵介

PHOTOGRAPH=植 一浩

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

表紙5月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

3月25日(木)発売『ゲーテ5月号』の表紙は武井壮。総力特集では、タフをテーマに服・モノ・クルマを大特集。ほか、スポーツビジネス最前線や長嶋一茂の新連載エッセイもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる