MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.09.14

本田直之プロデュースの食の祭典「DREAM DUSK」が福岡にて開催!

2016年から福岡のリゾートホテル「ザ・ルイガンズ.スパ&リゾート」を舞台に開催されてきた食のコラボレーションイベント「DREAM DUSK」が、コロナ禍を経て3年ぶりに開催された。

dreamdusk

福岡「DREAM DUSK」、ここに完結!?

ディナーは、国内外で活躍するさまざまなジャンルのシェフが一度のコースで食べられるというイベントで、5人のシェフが連動し、そこに合うお酒などのドリンクが提供された。

ランチは海沿いの開放的なスペースで、とりかわ、ラーメン、餃子など、地元福岡の20軒以上の人気店が軒を連ね、大盛況だった。

dreamdusk

山口尚亨氏、宮坂展央氏、徳吉洋二氏、篠原裕幸氏、高田裕介氏の5人のシェフが各2品を担当。

このイベントを総合プロデュースするのは本田直之さんだ。日本中、世界中を食べ歩いた経験をふんだんに活かし、作り上げている。

「2019年の4回目の時に、5回目でやめると決断していたんです。でも2回延期に。この2年の間に、ホテルや飲食業界、シェフ、それに食材の生産者も大きなダメージを受けた。すべてのホスピタリティインダストリーが悪者みたいにされたからこそ、リスタートの意図を込めていたのです」

ファイナルと宣言していたものの、開催後に心境の変化があった。

「お客さんからの要望や、シェフからのラブコールもあり、'23年6月10日、11日にアンコール開催をする予定です」

また'23年、福岡での祭典をお楽しみに。

dreamdusk

39歳の若さで亡くなった関根拓氏のレシピをもとに再現された「鴨 タマリンド蒸しクレープ」。

dreamdusk

協賛の「食べログ」からは「Dom Perignon 2012」が提供され、ゲストに振る舞われた。

dreamdusk

マクラーレンも協賛。

dreamdusk

100人を超えるゲストに一斉サーブされるため、厨房は常にフル回転だった。

dreamdusk

日曜日の昼は地元福岡の人気店が集合し、一気にはしごができた。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる