GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2021.06.25

ビジネス紳士の時計選びに“コルム アドミラル”という最適解!

白、黒、銀の文字盤に皮革ストラップかブレスレットかーー。金融マンの時計といえばそれらが常識だが、遊び心溢れる“ブルーの時計”アドミラルを愛用するジェントルマンに出会った。

CORUM

“遊び”を知る男の時計審美眼

待ち合わせは老舗ホテルのロビー。遠目からも仕立てのよさがわかるウィンドウペーン・ジャケットを纏(まと)った紳士が現れた。袖口にはブルーの文字盤とブレスレットの腕時計が。近づき挨拶、果たして身につけていたのは往年のコルム「アドミラルズカップ」であった。

「この腕時計は8年前に父親から譲り受けました。私が高校生の頃に父が入手し“カッコいい時計だな”と憧れ、大学生の時はデートやディスコに行く時に借りて悦に入ってました(笑)」とは金融関係に勤めるK.T氏。

今もコルムは毎週着用するほどお気に入りだという。

コルムの独創性

コルム社はスイスのラ・ショー=ド=フォンに、時計師ルネ・バンヴァルトが1955年に設立。遊び心溢れる数々の独創的かつ歴史に残る名作時計を世に送りだしてきた。写真右上は本物の20ドル金貨を文字盤に用いた「コインウォッチ」。写真右下は世界で初めて高級自動車メーカーと提携しラジエター・グリルをモチーフにした「ロールス・ロイス」。写真左は手彫り装飾したバゲット型ムーブメントを持つ「ゴールデンブリッジ」。

「気分を上げたい時、新しい発想を得たい時に選ぶことが多い。休日にリラックスして出かける時もよく身につけます。実際、この時計で斬新なアイデアが生まれたこともあります」

新作「アドミラル 38 オートマティック」をK.T氏が手に取る。

「ベゼルとブレスにゴールドの差し色が入る日本限定モデル、素敵ですね。鮮やかな信号旗が冒険心を掻き立てる。ひと目でコルムとわかる。“1”のインデックスは日本の国旗のようで特に気に入っています」

インデックスに国際海洋信号旗「アドミラル」

コルムが最初にアドミラルズカップを発表したのは1960年。世界の外洋航海レースのなかでも最も厳しいヨットレースのひとつである「アドミラルズカップ」を名前の由来、インスピレーションの源としている。衛星電話や無線が普及する前は、船舶同士の海上交信は「信号旗」で行っていた。さらにリッチなヨットマンたちが集まるガラパーティにおいてアドミラルズカップは、クラブのドレスコードとして海を愛する者のステータスとなっていた。

ご健在の父上から受け継いだアドミラルズカップについてたずねると「子供は娘ふたり、長女は海が大好きで海洋自然生物学部に入学したんです。将来はその娘に譲り、私はこの新作アドミラルを手に入れたいなと」

審美眼のある父から息子へ、そして海を愛する娘へ……。他の何物にも似ていない独創的なタイムピース「アドミラル」は、世代を超えて時を刻み、受け継がれていくことだろう。

K.T氏
1970年愛知県生まれ。仕事は金融関係で腕時計はおよそ10本を所有。ロードバイクと登山が趣味のスポーツマンで、船舶免許も持つ。父親から譲り受けた「アドミラルズカップ」を娘に引き継ぎたいと思っている。インスタは毎日更新中。@063888kaz

 

アドミラル 38 オートマティック

コルム
アドミラル  38  オートマティック
2021年の新作「アドミラル  38  オートマティック」は、ステンレススチール・ブレスレットを採用し人気を博した1983年発表の歴史的タイムピース(K.T氏所有のモデル)を現代風にリニューアルしたもの。国際海洋信号旗を模したインデックスに加え、12角形ベゼルや2層構造を持つ立体的造形の外観もアイコニックで、文字盤はブルーのほかホワイトも用意。自動巻き、ブルーPVD加工を施したSSケース、径38mm。¥1,540,000

シースルーのケースバックからは、自動巻きムーブメントの動きを楽しむこともできる。3連ブレスレットを採用している新作は日本限定。

 

ジャーナリスト広田雅将が語るアドミラルの魅力

「ブレスレットがついて、薄くてスポーティ。色鮮やかな文字盤を持つアドミラルズカップの国際海洋信号旗の模様は、当時エナメルペイントが施されていた。1980年代にこれほど巧みに凝った腕時計は皆無。アドミラルズカップは華やか系ラグジュアリースポーツウォッチのハシリだったのである。最新機は色鮮やかに原点回帰。10mmを切る薄さもコルムらしい。人とは違うものが欲しいという人にとって、今以ってそのキャラクターは不変なのだ」

Hirota Masayuki
1974年大阪府生まれ。国内外の名だたる時計賞の審査員も務めるほどの見識の持ち主。その造詣の深さとキャラクターから、時計界では“ハカセ”の愛称で親しまれている。

 

問い合わせ
GMインターナショナル TEL:03-5828-9080

「コルム」の公式ウェブサイトはこちら

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる