MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2022.03.25

建築家・デザイナー 鬼木孝一郎が見る、三菱の「新型アウトランダーPHEV」

三菱自動車のフラッグシップSUV、新型アウトランダーPHEVがリリースされた。力強く滑らかな洗練の走りと、内外装に至る上質感。さらにPHEVとしては希少な選択肢となる3列7人乗りなど、乗り手のライフスタイルを格上げしてくれる存在だ。有名ブランドのショールームでインテリアデザインを手掛ける建築家・デザイナーの鬼木孝一郎さんから見た新型アウトランダーPHEVのデザインワークとは?

アーキテクチャの未来を変える、可能性を感じるクルマ

クルマのデザインについては、「カッコいい/カッコ悪い」とか、「好き/嫌い」というレベルで語られることが多い。けれどもエルメス祇園店のインテリアデザインを担当した建築家でありインテリアデザイナーでもある鬼木孝一郎さんは、「デザインには、ストーリーやコンセプトが重要だと考えています」と語る。

昨冬にフルモデルチェンジが行われ、2021年度グッドデザイン賞を受賞。今、目の前にある新型三菱アウトランダーPHEVからは、どのようなストーリーやコンセプトが読み取れるのだろうか。

新型アウトランダーPHEVは2021年度グッドデザイン賞を受賞。水平基調を取り入れた内外装に加え、高級感に走行性能と環境性能をもちながら販売価格は抑えられていることが評価された。

「まず外観を見ると、押し出しの利いたしっかりとしたフロントマスクには、四輪駆動で力強く走るというキャラクターが表れていると感じます。また、航続距離の長いプラグインハイブリッド車(PHEV)は長距離走行を得意としますが、特にこの新型モデルは総合航続可能距離1000kmを謳うだけあり、ボディサイドの伸びやかな水平のラインが、そうした特徴を表現しています。ロングドライブをして自然の中に入って行きたい、という層に、アピールするデザインだと思いますね」

PHEVシステムが大幅に進化。EV走行とハイブリッド走行を組み合わせた総合航続可能距離は1000km超えを達成している。

インテリアのデザインについては、次のように語った。

「クルマのインテリアは店舗などの空間と違って、構成する要素が多いですよね。でも、横方向に水平のラインが一本入っていることで、このラインが軸となってデザインにまとまりが生まれています。また、先ほど申し上げた、ボディサイドの水平ラインとリンクすることで、エクステリアとインテリアの世界観がつながっている、というのもポイントです。後でインテリアデザインの担当者に聞いたところ、インテリアの水平ラインはデザインだけでなく、オフロードを走る時にどれだけ車体が傾いているかを知る基準になるとうかがって、なるほど、そういう機能もあるのかと驚かされました」

触感がよく質感の高いソフトパッドを随所に採用し、最上級グレードではダイヤモンドステッチをあしらうなど、上質さにもこだわりが光る。

そして鬼木さんはドライバーズシートに腰掛けて、レザーのステッチを指でなぞった。

「このステッチが繊細できれいですよね。僕もインテリアをデザインする時に、ちょっとした手仕事感を入れたいといつも思うんです。手仕事の雰囲気があると使っているうちに愛着が深まりますから。空間デザインとクルマの内装デザインは、扱う素材はかなり違いますが、こういうところは似ているのかな、と思いました」

鬼木さん曰く、「芯が通った力強さと開放感を表現している」という内外装。クルマのキャラクターとストーリーが意匠面にも息づいている。

強いメッセージがあるから、無駄な飾りがない

鬼木さんの空間デザインについては、「引き算の美学」とか、「削ぎ落とした美しさ」と形容されることが多い。そういう視点から見ると、三菱アウトランダーPHEVのデザインはどうだろうか。

「僕は空間をデザインする時に、メッセージ性を与えたいと思っています。ショップだったらそこで何を売るのか、ブランドだったらどんな世界観なのか。でもそうしたメッセージは、装飾があると見えにくくなります。そこで、周辺のものはマスキングするイメージで、メッセージを際立たせたいと考えます。このクルマも、力強さとかロングドライブといったメッセージを際立たせるために、装飾的な要素を少なくしているように感じます」

照射範囲が広く、視認性に優れるLEDヘッドライト&LEDポジションランプ。ウィンカーは片側21個のLEDにより流れるウィンカーを採用し、LEDフォグランプには優れた視認性と他車への配慮も。

自動車の印象を大きく変える重要なフロントまわりのデザイン。ここで鬼木さんが目をつけたのが、LEDヘッドライトと、LEDポジションランプが上下に分割されていて、個性的なフロントマスクを形作っているところ。かつてのシールドビームの時代は光量に限りがあったので、大きな丸い目が主流だったけれど、LEDというテクノロジーの進化によってデザインの自由度が増したのだ。

「それはインテリアデザインも似ていますね。最新のLED照明はBluetoothが内蔵されていて、スマートフォンでピピッと色や明るさを変えられるんです。レストランだったら、ランチとディナーで別の雰囲気にすることができます。同じことがクルマの世界にも起きているんだな、と感じました」

 

リアデザインにも、水平基調のキャラクターラインに、力強さが与えられている。

鬼木さんは、何度かこの三菱アウトランダーPHEVを運転している。ドライブフィールからは、何を感じたのだろうか。

「正直、クルマの運転が得意ではなく、旅行でレンタカーを借りる時も一番小さいやつを借りているんです(苦笑)。でもこのクルマは、外から見ると大きいのに、自分で運転してみると意外と運転しやすい、ちょうどいいサイズに感じました。モーターのおかげで加速感が洗練されているし、ボディの見切りがいいことがフレンドリーに感じる理由だと思いました。いつもは高速道路の一番左側の車線を走っていますが、積極的に駆けたくなる。三菱アウトランダーPHEVだと車線を変えて、追い越しシーンでも堂々と不安なく走れますね」

走行時の車体姿勢の変化を掴みやすくするための水平基調で、力強く造形されたキャビンを「HORIZONTAL AXIS」という。

最後に、クルマのインテリアをデザインしてみたいかと尋ねると、鬼木さんは腕を組んで唸る。

「そうですね…安全性や人間工学など、複雑な事象が絡むので、本気で勉強してからでないとやってみたいとは言えないですね。ただ、僕の場合は、空間を作ることに本気で取り組んでいるクライアントと仕事をしたいと思っています。“特にイメージはないけれど鬼木さんの好きにやってよ”、と依頼される仕事はあまりおもしろくない。クルマは安全基準やさまざまな規制がとても多そうなので、そういう意味で、こういう空間を作りたいという三菱自動車の意思は強く感じられるので、おもしろい仕事にはなりそうです」

なるほど、冒頭の鬼木さんの言葉をお借りすれば、三菱アウトランダーPHEVの内外装のデザインにはしっかりとしたストーリーとコンセプトが存在するのだ。

鬼木孝一郎 
1977年東京都に生まれ、幼少期を英国で過ごす。帰国後、早稲田大学に進み建築を学ぶ。日建設計、nendoでキャリアを積んだ後に2015年に独立して鬼木デザインスタジオを設立。建築、インテリア・デザイン、空間設計などの分野で、国内外で広く活躍する。「付属高校からの内部進学で、建築を学びたいというより数学が好きだから理系かな、というぐらいでした。でもいざ学んでみると建築の奥深さに魅せられて、この世界で生きていこうと思うようになりました」

三菱 アウトランダー PHEV P
ボディサイズ:                               全長4710×全幅1860×全高1745mm
ホイールベース:2705mm    車重:2110kg
パワーユニット:2.4ℓ直4DOHC+モーター
エンジン最高出力:98kW/5000rpm、                   エンジン最大トルク:195Nm/4300rpm
モーター:フロント85kW/255Nm                                              リア100kW/195Nm
駆動方式:4WD
乗車定員:7名
車両価格:¥5,320,700〜
詳細はこちら

 

 

 

TEXT=サトータケシ

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる