MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

GOURMET PR

2023.10.20

【吉井和哉インタビュー】音楽人生の“熱狂と静寂”を映した新作ウイスキー、その味わいとは?

ソロ20周年を迎え、長きにわたり日本の音楽界をリードしてきたロックミュージシャン・吉井和哉氏が、滋賀県のウイスキー蒸溜所「長濱蒸溜所」とタッグを組み、オリジナルウイスキーを完成させた。その味わいに秘められた思いを訊く。

YAZUKAの「BURN」と「TALI」

自身の人生を投影したウイスキーシリーズ「YAZŪKA」

「僕にとってウイスキーは旅先で嗜むもの。その町の湿度・歴史が閉じこめられているような、特別なものなんです」

常に第一線を走り続けてきた音楽家、吉井和哉。ロックの熱狂のなかに身を置きながらも、旅先の静かな場所で、ひとりその地を感じることを愛してきた。

「スコットランドの港町の小さなパブで、隣に座ったお爺さんに話しかけられたことがあるんです。『ウイスキーはストレートじゃなきゃ』と。閉じこめられた町の風土を一番濃厚に味わえる飲み方だなと、以来僕もストレートで飲むようになりました」

吉井和哉氏
Kazuya Yoshii
1966年東京都生まれ。1989年に現メンバーにてTHE YELLOW MONKEY活動開始。1996年「JAM」1997年「BURN」など大ヒットを記録。2003年よりソロ活動を開始。2023年9月にソロ20周年を記念したベストアルバム『20』が発売。

スコッチの聖地・アイラ島でウイスキーに開眼した吉井氏は、以来「自身の人生を投影したウイスキーをつくりたい」と願うようになり、2021年、滋賀県の長濱蒸溜所とウイスキーシリーズ「YAZŪKA」を誕生させた。その味わいは愛好家の心も捉え、「幻の1本」と囁かれるまでに。

そして2023年、その第二弾となる「BURN」「TALI」の2種が完成。ともに吉井氏の楽曲名であり、その曲のイメージに合わせた味わいを表現した。

楽曲もまた、時間をかけて味わいを変化させるもの

「『BURN』は、THE YELLOW MONKEYで情熱的に活動していた1997年に行われた野外ツアー『紫の炎』をイメージした曲です。情熱的に燃えつつどこか色気のある、そんな炎。一方『TALI』はバンド活動休止中、自分と向き合うために始めたソロ活動の最初の1曲。情熱的な曲と内省的な曲、対照的な2曲ですね」

「炎」を感じさせる、スモーキーな味わいを追求したのが「BURN」、複雑な味わいで、吉井氏が自らの音楽を省みる日々を表現したのが「TALI」だ。

「ウイスキーは樽の中で熟成され味わいを変化させますが、楽曲も同じ。『BURN』『TALI』どちらも長い間演奏してきましたが、時代によって感じる曲の味わいは違いました。若い時の自分がつくった曲なのに、今の僕が、若造の吉井和哉に教えられることもあるんです」

長濱蒸溜所の近くに広がる琵琶湖には、吉井氏も時折船を出して、ひとり釣りを楽しむという。スコットランド・エディンバラと同様、近江の城下町の空気を閉じこめた長浜生まれのウイスキーを、やはり吉井氏はストレートで味わうのだろう。

「『BURN』は仲間と盛り上がりながら、『TALI』はひとり静かに。そんな風に、愉しみ方を変えてみてもいいかもしれませんね」

熱狂と静寂を併せ持つ音楽家の楽曲を、ウイスキーとして堪能する贅沢に酔いしれたい。

YAZUKAの「BURN」
YAZŪKA ワールドブレンデッド「BURN」
長濱蒸溜所オリジナルシングルモルトに、スモーキータイプの原酒をブレンド。樽は、ホワイトオークのバーボンバレルを使用。スモーキーな味わいを追求するため、樽の内部を燃やすチャーリングを蒸溜所内で施した。¥8,800、5000本限定。※2023年11月8日(水)発売
YAZUKAの「TALI」
YAZŪKA ワールドモルト「TALI」
モルト原酒のみをブレンドし、楽曲「TALI」の持つ重奏的な世界を表現。モルトの持つ力強さ、リッチな味わいを感じられる。複雑な味わいを表現するため、熟成樽はワイン樽、シェリー樽など複数使用。¥8,800、5000本限定。※2023年11月8日(水)発売

問い合わせ
都光 TEL:03-3833-3541

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=片桐史郎(TROLLEY)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる