2017年新作腕時計!~高尚たる造形美編~

 「神は細部に宿る」とは、巨匠建築家のミール・ファン・デル・ローエの言葉だが、小さな時計は、建築以上に細部への探求心が求められる。しかも現代の時計には、時刻を知るための実用品としての役割だけでなく、装飾品としての価値も必須だ。それゆえ立体感や磨き、ケース構造などに重きが置かれるようになる。時計を見るのは、正確な時間を知るためではなく、佇まいを眺めるためなのだ。

ウブロ 色彩や繊細さなど魅力に満ちた日本限定モデル

HUBLOT
クラシック・フュージョン
クロノグラフ ベルルッティ スクリット ブルー

 2016年からスタートしたラグジュアリーメゾン「ベルルッティ」のコラボレーションシリーズに、日本限定モデルが登場。ダイヤルはレザー製で、ベルルッティを代表するスクリットと呼ばれる刻印仕上げが施される。そのディープな色彩や仕上げの繊細さなどは、時計という枠を超えた魅力に満ちている。

日本限定100本。自動巻き、Tiケース、径45mm。¥1,660,000(ウブロ TEL:03-3263-9566)


Text=篠田哲生 Photograph=藤本憲一郎(A.K.A.) Styling=石川英治(T.R.S)

*本記事の内容は17年10月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)