攻めの時計! 軽妙のグリーン編 ~バーゼル最新レポート~

今年3月、スイス・バーゼルで開かれた新作時計見本市を特集!ブランドごとに“一押しモデル”をピックアップし、時計のトレンドや進化を追う。今回は、上級者がひそかに注目するグリーンの文字盤編。

ひと際目を引いた鮮度抜群のグリーン

今、高級時計でもっとも新鮮なのがグリーンの文字盤だ。昨年あたりから予兆はあったが、今年からブレークの気配濃厚。ミリタリーグリーンはカジュアルコーディネイトにハマりやすいが、主張の強いビビッドグリーンをどう飼いならすかが、上級者の腕の見せ所となりそうだ。


SEIKO PROSPEX

マリーンマスター プロフェッショナル 1968 メカニカルダイバーズ 50周年記念限定モデル ディープフォレスト
屋久島の森にインスパイアされた、濃いめのグリーンダイヤルとジルコニア・セラミックス製のグリーンベゼルリングを採用。世界限定1968本。300m飽和潜水用防水。

自動巻き、SSケース、径44.3mm。¥320,000[予価][ 7 月7 日(土)発売予定](セイコーウオッチお客様相談室 TEL 0120-061-012)


GLASHÜTTE ORIGINAL

シックスティーズ パノラマデイト
ランダムな放射状パターンをプレス後、ガルバニック処理、ラッカー、焼成などの複雑な工程を経て、独特な緑のグラデーション文字盤を実現。1年の期間限定生産。

自動巻き、SSケース、径42mm。¥900,000[予価][今夏発売予定](グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL 03-6254-7266)


BREITLING

ナビタイマー スーパー 8
新体制となった同社の第1 弾コレクション「ナビタイマー 8 」のなかで、ひときわ存在感を放つ1本。’30~’40年代、パイロットが太ももに巻いて使用したストップウォッチが着想源。

自動巻き、Tiケース、径50mm。¥855,000[予価][今秋発売予定](ブライトリング・ジャパン TEL 03-3436-0011)


ROLEX

オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31
文字盤にマラカイトを採用。ロレックスのコーポレートカラーでもあるグリーンが印象的。女性を意識したサイズだが、スモールサイズ好みの男性の手首もラグジュアリーに飾る1 本。

自動巻き、18KYGケース、径31mm。¥4,210,000[予価][今春発売予定](日本ロレックス TEL 03-3216-5671)


CITIZEN

サテライト ウエーブ GPS F990
2011年発売の世界初のエコ・ドライブ衛星電波時計をオマージュ。電離層に輝くグリーンのオーロラなどのデザインコンセプトを継承。

クオーツ(光発電エコ・ドライブ)、スーパーチタニウム™ケース、径48.5mm。¥340,000[予価][今秋発売予定](シチズンお客様時計相談室TEL 0120ー78ー4807)


RESERVOIR

ロングブリッジ ブリティッシュレーシング
日本初上陸のフレンチブランド、レゼルボワール。メーターモチーフを特徴とし、ジャンピングアワー& レトログラードミニッツ機構を搭載。ブリティッシュレーシングカラーのグリーンダイヤルがシック。

自動巻き、SSケース、径39mm。¥449,100[予価][今秋発売予定](PMC TEL 03-3585-6608


Text=まつあみ靖