存在感を自然に溶け込ませる「男前」腕時計

 お洒落とは本来、その人ありきのものである。着るもの、持つもの、そのいずれであっても、人としての魅力に自然となじんでいなくてはならない。つまり、上質なモノが似合う男であるために、自身を鍛練する姿勢こそが「男前」。そんな男に最適なウオッチを紹介します。

グレー文字盤の中和的マジック

左:PATEK PHILIPPE、右:BREGUET

PATEK PHILIPPE
 多機能を集約。「年次カレンダー 5396」自動巻き、WGケース、径38.5mm。¥5,230,000(パテック フィリップ/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109)

BREGUET
 画期的なタイムゾーン変更機能を備える、精緻なメカニズムを堪能。「トラディション 7067」手巻き、WGケース、径40mm。¥4,330,000(ブレゲ/ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211)

粋な大人の遊び心を演出する独創的な機構

RICHARD MILLE
 トゥールビヨンに加え、3つのスロットにウィットの利いたエロティックなメッセージがランダムに表示される独創的な機構を搭載。粋な大人の遊び心を演出するにはうってつけだ。「RM 69 トゥールビヨン エロティック」手巻き、チタンケース、サイズ縦50×横42.7mm。¥81,800,000(リシャール・ミル/リシャールミルジャパン TEL:03-5807-8162)

ダイヤモンドダストのような美しき表面加工技術

AUDEMARS PIGUET
 古代の鍛金技術をルーツとする、フィレンツェ技法という表面加工技術をケースとブレスレットに用いたニューモデル。まるでダイヤモンドダストのような繊細な輝きが目を見張る美しさだ。「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド」自動巻き、WGケース、径37mm。¥5,650,000(オーデマ ピゲ/オーデマ ピゲ ジャパン TEL:03-6830-0000)

カジュアルからドレスまでコーディネイトできる逸品

PIAGET
ラウンド型とクッション型を見事に融合させたモダンな独創的ケースが、カジュアルからドレスまでコーディネイトできる逸品。ポリッシュ&サテン仕上げを使い分けた流麗なブレスレットもじつに美しい。「Piaget Polo S」自動巻き、SSケース、径42mm。¥1,275,000(ピアジェ/ピアジェ コンタクトセンター フリーダイヤル:0120-73-1874)

驚異的なオープンワークを施した究極のスケルトン

ROGER DUBUIS
文字盤を排し、ムーブメントのブリッジや自動巻きマイクロローターにまで驚異的なオープンワークを施した、究極のスケルトンウオッチ。腕まで透ける軽やかな文字盤がこれからの季節に最適だ。「エクスカリバー 42 オートマティック スケルトン 18KWG」自動巻き、WGケース、径42mm。¥8,520,000(ロジェ・デュブイ TEL:03-4461-8040)

男らしさに控えめな色気を添えるピンクゴールド

FRANCK MULLER
マットなチタンケースとグレー文字盤を採用したクロノグラフ。グレーに映えるピンクゴールドが、男らしさに控えめな色気を添えてくれる。「ヴァンガードTM クロノグラフ」自動巻き、チタン×18KPGケース、サイズ縦53.7×横44mm。¥2,050,000(フランク ミュラー/フランク ミュラー ウォッチランド東京 TEL:03-3549-1949)

クールかつモダンな日本限定バージョンモデル

HUBLOT
 ウブロの人気モデルに日本限定バージョンが登場。マット&ポリッシュ仕上げのチタンとホワイトのコントラストがクールかつモダンに映える。「スピリット オブ ビッグ・バン チタニウム ホワイト」自動巻き、チタンケース、サイズ縦51×横45mm。¥2,440,000(ウブロ/LVMHウオッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL:03-3263-9566)

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI( The VOICE)

*本記事の内容は17年3月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)