【オメガ】暗雲を吹き飛ばすような意欲的新作ウォッチ⑯

新型コロナウイルスにより、新作発表会が中止や延期を余儀なくされたウォッチシーン。一体新作はどうなるのか!? しかし心配ご無用。主要ブランドからは、新作情報が続々と届いている。そんな中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選した!

新たにコレクションに加わった41mm径モデル

オメガの「コンステレーション」といえば、1952年の登場以来、オメガのプレステージモデルとしてその名を馳せる傑作中の傑作である。

今年2月にリニューアルし、39mmと36mmの2つのサイズで展開していたが、この度ひと回り大きな41mmが仲間に加わった。

新しい41mm径の「コンステレーション」は、素材と色彩のコントラストが織りなすスタイリングが美しい。

ニューモデルの話題性はサイズアップだけにとどまらない。はじめに取り上げるべきポイントは、ポリッシュ仕上げを施したセラミック製のベゼルにある。デザインの着想は、通称“マンハッタン”1982年製の「コンステレーション」から得ている。そこから生まれる素材のコントラストは「コンステレーション」の世界に新たな魅力を与えている。

ケースサイドで見受けられる特徴的なデザイン。

“マンハッタン”から継承した意匠はベゼルだけではない。アイコニックな爪、ケースの両側に配されたハーフムーンデザインは一段と洗練され、美しいケースのプロポーションを生み出す上で一役買っている。

全8種類の中から自分らしいスタイルが選べる

スタイリングにおいて、既存のものに勝るとも劣らない41mm径の「コンステレーション」の特徴は、全8型のずばり圧倒的なバリエーションにある。

ケース素材は、18Kゴールド、ステンレススチール&18Kゴールド、ステンレススチールで展開。ストラップはステンレススチールの1型(こちらのみ、ラバーストラップが付属する)を除くと、すべて抗菌処理を施したラバーライニング付きのアリゲーターストラップを採用している。

非常に柔らかく、しなやかな着け心地のアリゲーターストラップ

ストラップとケースのラグの幅を統一したため、39mm径の「コンステレーション」用のブレスレットと付け替えることが可能。これにより、スタイルの選択の幅が一段と広がっている。

高精度時計の象徴である「コンステレーション」を守る自動巻きキャリバーCal.8900。※18Kセドナゴールドのモデルのみ、Cal.8901が搭載される。

さらなる進化で人気を加速させるオメガ「コンステレーション」。発売は2020年9月を予定する。幅広いライフスタイルに対応する新たな万能時計の登場に期待は膨らむばかりだ。

時計とコーディネイト次第でスタイルは自由度を増していく。



問い合わせ先
オメガお客様センター TEL:03-5952-4400


Text=戸叶庸之