高松の有名時計店に誕生したスタイリッシュかつ快適なブティックとは?【BREITLING】

スイスの高級時計メーカー、ブライトリングが国内4店舗目となるブティック「ブライトリング ブティック 高松」を、香川県高松市のEYE EYE ISUZU east(アイアイイスズ イースト)に併設し、オープンした。スイスの最新のデザインコンセプトが生かされた店内では、ブライトリングの圧倒的なフルコレクションが揃っている。


四国随一の名門店「EYE EYE ISUZU」の店舗内に完成

ブライトリングが四国・中国地方では初となるブティックをオープンした。場所は、高級時計&宝飾店の「EYE EYE ISUZU east」の店舗内。メガネや宝飾、ブライダルなども展開し、取り扱うブランドや品番数は四国随一の名門店だ。その一部を改装して、売場面積70平米のスペシャルな空間が完成した。

店内には、選りすぐりの素材とインテリアがふんだんに配され、モダン・レトロな雰囲気を演出。20世紀中頃のインダストリアル・デザインの特徴を生かした快適かつスタイリッシュなスペースを、芸術的かつモダンに解釈したデザインへと見事に昇華させている。

もちろん、時計のラインナップも充実。最新モデル、限定モデルはもちろん、ブライトリングのフルコレクションを用意するなど、常時150本以上を在庫している。そうした環境に、知識と情熱を兼ね備えたセールスマスター(公認販売員)が常勤している。

「アイアイイスズ」新社長の強い決意

(左2番目から順に)アイアイ イスズホールディングス・飯間康行代表取締役社長(左から2番目)、歌手のBENI、アイアイ イスズ・飯間賢治代表取締役社長、ブライトリング・ジャパン・金原厚代表取締役

9月20日に開催されたオープニングイベントには、特別ゲストとして歌手のBENIが来場。関係者とともにテープカットを行い、記念すべき日に華を添えた。なおこの日、アイアイ イスズの社長に新たに飯間賢治氏が就任することが発表。これまで社長だった父・飯間康行氏はアイアイ イスズホールディングスの社長としてコンサルティング業務に専念する。

当日は、ゲーテ本誌編集長・二本柳陵介も高松に駆けつけ、ブライトリングの新ブティック内覧会に参加し、飯間氏の社長就任挨拶にも耳を傾けた。

「新社長の挨拶がとても印象的でした。"時計を購入しに来店してくださった男性の傍らで、どこか手持ち無沙汰そうにしている女性のお客様を見ることがありました。今回の新店舗は女性のお客様に楽しんでもらいたいという願いをこめて、ブランドを揃えました"という言葉に強い決意を感じました」

時計に加え、宝飾品、眼鏡なども同時に展開してきた「アイアイ イスズ」。そして、1884年以降の創業以来、腕時計の開発をリードしてきた「ブライトリング」。そのふたつの"革新"が邂逅を果たした四国の名店に、ぜひとも足を運んでほしい。

ブライトリング ブティック 高松
住所:香川県高松市多肥下町1523-3
TEL:087-865-1884
営業時間:11:00〜20:00 
休み:なし
https://ja.breitling.co.jp/stores/10286


Text=ゲーテWEB編集部