【はじめての高級腕時計】冠婚葬祭の場にふさわしい腕時計は?

現代の腕時計は、実用品ではない。何かしらの意図を持って選ぶ“アクセサリー”となったからこそ、 腕元の小さな腕時計には、その人のセンスや個性が強く表れる。着こなしの自由が広がるなかで、今でもある程度のドレスコードを意識するのは冠婚葬祭の時くらいだろう。特に30代ともなれば“婚”すなわち結婚式への参加が増えるはず。そんな時、何を選び、どうつければいいのか。そう、予想以上に自分の袖元は人から見られているのだ。


Q 冠婚葬祭でつけていくのは?

ブラックスーツ¥180,000(トゥモローランド ピルグリム)、シャツ¥43,000(ハンドレッドハンズ)、タイ¥25,000(トゥモローランド)、チーフ¥10,000(キンロック)、タイバー¥11,000(ルイ ファグラン/すべてトゥモローランド TEL 0120-983-522)、 ベルト¥12,000(フリーマンズ スポーティング クラブ-トウキョウ TEL 03-6805-0490)


A 折り目正しい正統派のブラック×ホワイト

JAEGER - LECOULTRE
マスター・ウルトラスリム・デイト
結婚式の際には、折り目正しい正統派の“ブラックレザーストラップ×明るめのシルバーも含めたホワイト系文字盤”という組み合わせが効く。名門ジャガー・ルクルトのシンプルウォッチはミニマルで上品。この時計があるだけで、手元に知的な雰囲気が漂う。それでいてシースルーバックからは自社製Cal.899/1を鑑賞可能。いろいろと楽しめる時計だ。

自動巻き、SSケース、径40mm。¥810,000(ジャガー・ルクルト TEL 0120-79-1833)


NOMOS GLASHÜTTE
タンジェント
ドイツ時計産業の中心地グラスヒュッテに拠点を構える小さなブランド、ノモス。しかしドイツ本国ではアーティストやミュージシャンから支持されており、バウハウスの影響が色濃く反映されたデザインが、前衛的でクールであると高く評価されている。ストラップにはコードバンを使用する。

手巻き、SSケース、径35mm。¥225,000(大沢商会 時計部 TEL 03-3527-2682)


IWC
ポートフィノ・オートマティック
エンジニアリングにこだわり、機能美デザインを得意とするIWC。しかしこのモデルはイタリアの高級保養地ポートフィノに流れる、優雅な雰囲気を取り入れている。シンプルな時計だが、柔らかなケースフォルムのおかげでさり気ない艶っぽさを楽しめる。ダイヤルカラーはシルバーメッキ。

自動巻き、SSケース、径40mm。¥485,000(IWC TEL 0120-05-1868)


ROLEX
チェリーニ タイム
ロレックスの上質さを受け継ぐコレクション。ホワイトゴールド製のケースは心地よい重みがあり、ベゼルにはドーム型とフルーテッドのダブルベゼルを採用。完全自社製のCal.3132は、耐磁性能に優れた素材を使うことなどで、平均日差±2秒に収めるという驚異の高精度を実現している。

自動巻き、18KWGケース、径39mm。¥1,450,000(日本ロレックス TEL 03-3216-5671)


BAUME & MERCIER
クラシマ 10414
名門らしいエレガンスが詰まった薄型2 針のボーム&メルシエのドレスウォッチ。しかもコンパクトな設計が可能なクオーツムーブメントを使用しているので、ケースも薄くできる。優雅なデザインとカレンダーの実用性の両方を併せ持っているうえに、価格がこなれているので1本持っていると便利だ。

クオーツ、SSケース、径42mm。¥110,000(ボーム&メルシエ TEL 03-4461-8030)


PAUL PICOT
フィルシャーコレクション エクストラ フラット オートマティック

時計のなかでもっともドレッシーといわれる“ 2 針ノンデイト”は、限られたブランドだけが作っている。ポール ピコでは自動巻き式ながらケースの厚みを6.9mmに抑えており、エレガントさが際立っている。本格的なタキシードに似合うが、カジュアルダウンした場合も品よくまとまるだろう。

自動巻き、SSケース、径40.5mm。¥478,000(一新時計 TEL 03-6854-5802)


Edit=西原幸平(EATer) Text=篠田哲生 Photograph=白石晋一朗 Styling=中兼英朗(S-14) Hair & Make-up=AMANO Lighting=長田青海(長田照明)