2017年腕時計デザインの新潮流~ダイヤモンド編~

 地球上で最も硬いダイヤモンドは、古くから権力の象徴であり、男性が身につける宝石だった。現代においては、ダイヤモンドウオッチがその役目を果たしている。ダイヤモンドはカットの方法によって雰囲気が変わるが、男性向けなら角形のバゲットカットのダイヤモンドがお薦め。大粒なので高価にはなるが、力強いルックスに仕上がるので腕元が際立つ。

48個のバゲットカット・ダイヤモンド

HUBLOT
ビッグ・バン ウニコ サファイア バゲット

 硬くて透明度の高いケースで、ベゼル部分のみホワイトゴールド製にしてバゲットダイヤをセッティング。どこから見ても、美しく煌いている。自動巻き、サファイアクリスタルケース、径45mm。¥10,480,000(ウブロ TEL:03-3263-9566)


ケース、ストラップ、ダイヤル、インナーベゼルの合計で632個のバゲットカット・ダイヤモンド

AUDEMARS PIGUET
ロイヤルオーク オフショア・クロノグラフ

 ケースもブレスレットもホワイトゴールド製。そこに隙間もなくびっしりと、バゲットダイヤをセッティング。ラグジュアリーの頂点だ。自動巻き、18KWGケース、径42mm。[価格要問い合わせ](オーデマ ピゲ ジャパン TEL:03-6830-0000)


インデックスに9個のバゲットカット・ダイヤモンド

PATEK PHILIPPE
クロノグラフ Ref.5170P

 インデックスにバゲットダイヤを使用する知的なクロノグラフ。ダイヤルも美しい。手巻き、Ptケース、径39.4mm。¥10,500,000[予価・今秋発売予定](パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109)


96個のバゲットカット・ダイヤモンド

BVLGARI
オクト フィニッシモ トゥールビヨン

 厚さが5.45mmという世界最薄のトゥールビヨンウオッチに、バゲットダイヤをセッティング。110面体ケースの美しさを引き立てる。手巻き、Ptケース、径40mm。¥25,450,000[予価・受注生産](ブルガリジャパン TEL:03-6362-0100)

Text=篠田哲生 Photograph=藤本憲一郎(A.K.A)

*本記事の内容は17年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)