2017年ジュネーブ新作見本市取材!~新しくて懐かしい編~


[新しくて懐かしい]
"原点回帰"なモデルが、改めて新鮮

 不況の時期には、人々の消費行動は保守的になりがちだ。今年のジュネーブで"原点回帰"を掲げるブランドが多かったのは、腕時計をめぐる厳しい状況下で、カスタマーのニーズに対応しようとする動きという見方もできる。しかし、ネガティブな捉え方をする必要はない。ヘリテージを活かしながら、アップデートされたテイストの"ネオ・ヘリテージ"というべきモデルが今、新鮮だ。控えめサイズや、超薄型モデルも、過剰な主張や装飾性を排し、腕時計本来の魅力に立ち帰ろうとする動きとして、歓迎したい。

無駄を排した端正な2針仕様

CARTIER
ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット

 昨年デビューした同コレクションから、ケース厚6.6mmの超薄型モデルが登場。無駄を排した端正な2針仕様。200本限定。手巻き、WGケース、サイズ縦38×横39mm。¥1,710,000(予価)[4月発売予定](カルティエ カスタマー サービスセンター フリーダイヤル:0120-301-757)

旧ミネルバ社のDNAを受け継ぐモデル

MONTBLANC
モンブラン 1858 オートマティック デュアルタイム

 モンブランが吸収した旧ミネルバ社が、1930年代に製造していたモデルのDNAを受け継ぐミリタリーテイストなデュアルタイムモデル。自動巻き、SS×ブロンズケース、径44mm。¥588,000(予価)[7月発売予定](モンブラン コンタクトセンター フリーダイヤル:0120-39-4810)

PARMIGIANI FLEURIERの原点的なモデルが復活

PARMIGIANI FLEURIER
トリック クロノメーター

 1996年のブランド創設時に誕生した原点的なモデルが復活。ケースにはひだ風のゴドロン装飾を施し、フェイスも控えめで上品。自動巻き、WGケース、径40.8mm。¥1,840,000(予価)[5月以降発売予定](パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン TEL:03-5413-5745)

「ピアジェ アルティプラノ」の誕生60周年記念モデル

PIAGET
ピアジェ アルティプラノ

 ピアジェが誇る超薄型モデル「ピアジェ アルティプラノ」の誕生60周年記念モデル。初期のロゴを採用している。360本限定。マイクロローター式自動巻き、WGケース、径43mm。¥2,675,000(予価)[4月発売予定](ピアジェ コンタクトセンター フリーダイヤル:0120-73-1874)

「ヴァンガード」に超薄型モデルが追加

FRANCK MULLER
ヴァンガード(TM) スリム

 新フラッグシップコレクション「ヴァンガード」に超薄型モデルが追加。現代的なアグレッシブさと、クラシックな美質を兼備。手巻き、SSケース、サイズ縦53.7×横44mm。¥970,000(予価)[発売時期未定](フランク ミュラー ウォッチランド東京 TEL:03-3549-1949)

シンプルな2針の「マイ クラシマ」

BAUME & MERCIER
マイ クラシマ

 1940年代のアーカイブにインスパイアされた、シンプルな2針の「マイ クラシマ」が登場。クオーツムーブメントを搭載し、フレンドリーな価格も好感触。クオーツ、SSケース、径40mm。¥105,000(予価)[3月発売予定](ボーム&メルシエ TEL:03-4461-8030)

Text=まつあみ 靖 Photograph=Laziz Hamani@Cartier

*本記事の内容は17年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)