F.P.ジュルヌの最新時計 ~ジュネーブ見本市2018レポート~

今年1月、スイス・ジュネーブで開かれた新作時計見本市での注目モデルをゲーテでは約1カ月にわたって徹底特集!ブランドごとに“一押しモデル”をピックアップし、時計のトレンドや進化を追う。第6回はF.P.ジュルヌ。

F.P.JOURNE

クロノグラフ・モノプッシャー ラトラパンテ
チャリティオークション用に開発した昨年のモデルを発展させた、大型日付け表示(5.2×2.8mm)つきスプリットセコンドクロノグラフ。3つのケース素材があり、グレード5チタニウム製モデルにはアルミニウム合金製ムーブメント、18Kローズゴールド製モデルとプラチナ950製モデルには18Kローズゴールド製のムーブメントが搭載されている。

手巻き、Tiケース、径44mm。¥6,960,000
手巻き、18KRGケース、径44mm。¥9,360,000
手巻き、Ptケース、径44mm。¥12,720,000

問い合わせ
F.P.ジュルヌ東京ブティック TEL03-5468-0931


Text=ゲーテWEB編集部