日本初上陸! スイス発の時計ブランド「ゴリラ」のマッスルウォッチ

昨年、誕生した新進気鋭の時計ブランド「ゴリラ」。スイスの老舗ブランドの元チーフ・アーティスティック・オフィサーとして活躍したオクタヴィオ・ガルシアとシニアデザイナーのルーカス・ゴップの二人によって立ち上げられたブランドだ。


マッスルカーにオマージュを捧ぐ

クルマにとっては不遇の時代かもしれない。EVや燃料電池が注目を集め、自動運転はじめ、IT技術が席巻しつつある。豪快な走りを楽しむ、大排気量V8のアメリカンマッスルカーにいたってはもはや絶滅種に近い。

ゴリラは、そんなマッスルカーにオマージュを捧げ、スピードを形にしたスタイリングを時計に取り入れる。ベゼルはファストバックの流麗なフォルムを思わせ、セラミックやフォージドカーボン、アルミといった異素材を組み合わせる。

「GT ミラージュ」¥258,000(ゴリラ/G&RジャパンTEL:03・5422・8087)

そして1968年のル・マン24時間耐久レースを制したフォードGT 40 をモチーフに、伝統のガルフカラーを全身に纏うとともに、文字盤には開口部を設け、時計のエンジンたるムーブメントの一部を顕わにする。手にすれば、力強いトルクが伝わってくるに違いない。

GT ミラージュ

自動巻き、フォージドカーボン×アルミ×チタン×セラミック×SSケース、径44mm、ラバーストラップ、100m防水、世界250本限定。¥258,000


問い合わせ
G&Rジャパン TEL:03-5422-8087

Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎(時計)  Styling=久保コウヘイ