33歳の経営者がゼニスのデファイをつける理由【リアル腕時計スナップ②】

お気に入りの腕時計を所有することは、仕事をするうえでの大きな原動力にもつながる。「ゲーテ」では、20~30代のリアルな本音を日本屈指の腕時計専門店でキャッチした! 第2回は警備会社を経営する保坂東吾さんが選んだゼニスのデファイ エル・プリメロ21 Japan Limited。


保坂東吾さん 33歳 経営者(警備会社)

複数の警備会社を経営する保坂さんにとって、腕時計は大人らしい装いを完成させるうえで欠かせないアイテムらしい。

「10年前ぐらいから機械式時計(自動巻き)を集めています。いわゆるTPOというよりも、その時々の服装によって、所有する数本の中から似合うものを選んで楽しんでいます。一番好きなブランドはカルティエ。なかでもドライブ ドゥ カルティエはよくつけていますね」

デファイ エル・プリメロ21 Japan Limited。話題騒然の日本限定モデル。自動巻き、Tiケース、径44mm、¥1,350,000

ビジネスを成功へと導くクロノグラフ

そんな保坂さんの7本目の相棒は、ゼニスの新しいハイビート クロノグラフとして話題のデファイ エル・プリメロ21である。

「白い時計が欲しくなって、お世話になっているISHIDAさんのホームページで時計を探していたら、この時計を見つけたんです。

「仕事で勝ち星を重ねたい」という想いから、験担ぎを兼ねて買いました。さらに来年に完成を迎える大きな案件が成功したら、A.ランゲ&ゾーネの1815 アニュアルカレンダーを購入しようと思っています。その日が来るのが今から待ち遠しいです」

ISHIDA表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F 
TEL:03-5785-3600
営:12:00~20:00(月~金曜)、11:00~20:00(土・日・祝日)
休:火曜

Text=戸叶庸之 Photograph=吉田タカユキ