【カンパノラ】暗雲を吹き飛ばすような意欲的新作ウォッチ⑱

新型コロナウイルスにより、新作発表会が中止や延期を余儀なくされたウォッチシーン。一体新作はどうなるのか!? しかし心配ご無用。主要ブランドからは、新作情報が続々と届いている。そんななかから、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選した!

カンパノラが誇るクオーツ式グランドコンプリケーションの最新作

腕時計を収集していく上で、複雑機構を手に入れることは大きな醍醐味のひとつだろう。ただし、いざ入手するとなると、希少性や価格などを含め、一筋縄ではいかないハードルの高さがある。

「時を愉しむ」というコンセプトから独創的な時計を手掛けるカンパノラは、常識を覆すクオーツ式の複雑機構搭載モデルを次々と発表している。

不可能を可能にした魅惑のコンプリケーションは、グランドコンプリケーション、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーターの3つのコレクションで構成されている。

先日発売したばかりの新作グランドコンプリケーション「織部」は、特定店のみで取り扱われている今話題のモデルである。

トレンドカラーである“グリーン”を独自の視点で昇華した文字盤に注目! クオーツ、ステンレスケース、43mm径 ¥430,000

複雑機構に引けを取らない高次元の外装仕上げ

カンパノラのクオーツ式のグランドコンプリケーションは、ミニッツリピーター、ムーンフェイズ、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフという4つの複雑機構を搭載する。しかも、該当するすべてのモデルが50万円以下で購入ができるのだ。時計業界にとって、このムーブメントの発明は革新的な出来事だったはずに違いない。

工芸品のような美しさを放つ、漆が見せる独特の深緑の文字盤。

今回発売された新作では、自由かつ斬新なスタイルで知られる織部焼からインスピレーションを得た 、表情豊かな緑色の漆文字盤に特色がある。見返しのリングも漆塗りで統一することで艶感をより一層深めている。

外装のこだわりはそこだけにとどまらない。ステンレス製のケースに、シチズンが独自に開発した表面硬化技術デュラテクトの中でも最も硬いデュラテクトα(2000~2500Hv)を施すことで、サファイヤクリスタルの硬度と貴金属のような質感を与えている。

特別な加工を施したステンレススチールのケースをはじめ、仕上げは細部まで抜かりがない。

時間を知るための計器であると同時に、腕時計を身につける時間をどこまでも大切に考えるカンパノラの哲学を具現化したグランドコンプリケーション。時代や文化の枠を超え、色褪せない輝きを放つ超複雑機構を手に入れる喜びは、格別の味わいになりそうだ。

問い合わせ
シチズンお客様時計相談室 TEL:0120-78-4807


Text=戸叶庸之