強固なオリジナリティーを搭載する2016年最新作~心理学編~

 2016年初夏、新設された「ゲーテ腕時計研究所」は大忙し。スマホの普及、スマートウオッチなどの登場で、腕時計に対する概念が変わりつつあるなか、男にとっての腕時計の価値や、つける意義は? 新作の傾向を分析することで、新たな「男の腕時計の法則」を発見! それは「誇示力のある時計」を身につけることにあった。心理学、脳科学、服飾学、先進工学、博物学の各研修員が、新作時計を分析した。まずは、心理学研究員と脳科学研究員のレポートを見てみる。

LABO 01「心理学」の研究員
超好印象を残すコツは「エレガント」にあった

対峙した相手に愛されるための時計選びを日夜研究。愛車はポルシェ カイエン ターボS。

 "デザインコード"こそが、時計におけるエレガンスの源泉。歴史や伝統の中で熟成してきたデザイン上の決まり事が、美しいフォルムやディテールを作り、それが他にはない個性となる。長きにわたって人々を魅了してきた普遍的なデザインやスタイルには安心感があり、それが好印象につながるのだ。

BREGUET
クラシック オーラ・ムンディ 5727

自動巻き、18KWGケース、径43mm。¥7,490,000[予価/年末発売予定](ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211)

ふたつのタイムゾーンを鮮やかに飛び越える
 2011年に誕生した画期的なデュアルタイムウオッチのバリエーションとして、精緻なギヨシェ彫りダイヤルを備えたモデルが誕生。初代ブレゲが考案したブレゲ針や小ぶりなローマンインデックスも受け継いでおり、パリの王侯貴族に愛されたブレゲ流のエレガンスを色濃く残している。デュアルタイム機構は8時位置のプッシュボタンで操作する仕組みで、ボタンを押すと6時位置の都市表示が切り替わり、その場所の現在時刻へと針とナイト&デイ表示、カレンダーが連動。シンプルだが、使い勝手に優れている。


CARTIER
ドライブ ドゥ カルティエ

自動巻き、SSケース、縦40×横41mm。¥710,000(カルティエ カスタマー サービスセンター フリーダイヤル:0120-301-757)

可憐さと力強さというふたつの要素を融合させた
 "カリブル"以来となる、男性コレクション。モデル名が示すとおり、デザインにはクルマをイメージさせる要素が見られ、例えばギョシェ彫りはラジエーターグリルを想起させる。ボリューム感のあるクッションケースに収まるのは、自社製ムーブメントのCal.1904-PS MCであり、チクタクと時を紡ぎ出す様子は、シースルーバックから観賞可能だ。ローマンインデックスも得意とするスタイルだが、大きくくっきりとデザインすることで、カルティエ流のエレガンスの内側に、力強さを内包させている。


PATEK PHILIPPE
永久カレンダー5327

自動巻き、18KWGケース、径39mm。¥9,550,000[今秋以降発売予定](パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109)

クラシックのなかに宿す新しいスタイルの萌芽(ほうが)
 閏(うるう)年の有無まで計算して、正確にカレンダー表示を行う永久カレンダー機構は、実用性に長けているだけでなく、太古から続く大きな時の流れを刻んでいるというロマンティックな魅力がある。パテック フィリップが得意としているこの機構を、エレガントなラウンドケース「カラトラバ」に搭載したのだが、さらに新デザインとしてケースサイドに優雅な窪みを入れている。これは近年に生まれた新しいスタイルであり、伝統を守りながらも、常に進化を忘れないパテック フィリップの姿勢を明確に表している。


CHANEL
ムッシュー ドゥ シャネル

手巻き、18KWGケース、径40mm。¥4,125,000[今夏発売予定](シャネル〈時計・宝飾〉フリーダイヤル:0120-159-559)

独自性に磨きをかけた新たなメンズウオッチ
 時計専業以外のブランドの時計が魅力度を増しているのは、洗練された美意識とクラフツマンシップを自らの強みとし、時間をかけて磨き上げてきた時計技術と融合させているから。今年のシャネルは輪列を美しく見せるために設計した自社ムーブメント「CHANELキャリバー1.ジャンピングアワー」を完成させ、さらなる独自性を追求した。搭載する機構もユニークで、240度も動く豪快なレトログラード分針とジャンピングアワー。6時位置の窓枠の形は、パリのヴァンドーム広場をイメージした8角形である。


HERMÈS
スリム ドゥ エルメス エナメル

自動巻き、18KPGケース、径39.5mm。¥2,550,000[予価/今秋発売予定](エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

シンプルさのなかに秘めた技巧と美意識
 実は100年以上にわたる時計作りの歴史があるエルメス。彼らが表現する時間は心躍る優雅な時間であり、1分1秒に追いかけられる多忙なビジネスマンにしばしの安らぎを与えてくれる。昨年からスタートした薄型モデルは、専用ムーブメントCal.H1950を搭載しており、ケースは極めてエレガント。新作のダイヤル素材は3体構造のエナメルでできており、フィリップ・アペロワのデザインしたアラビア数字インデックスもそのまま継続。手間のかかる作りのため、世界限定100本という希少品だ。


BLANCPAIN
フィフティ ファゾムス バチスカーフ

自動巻き、グレーセラミックケース、径43.6mm。¥1,280,000[今秋以降発売予定](ブランパン ブティック銀座 TEL:03-6254-7233)

ダイバーズウオッチながら上品な雰囲気に満ちている
 現代的ダイバーズウオッチの原点として1953年に誕生した「フィフティ ファゾムス」は、当時としては驚異的な約91m(50ファゾム)の防水性と、潜水経過時間を計測するための逆回転防止ベゼルを備えていた。当時活躍していた潜水艇バチスカーフの名を冠したこのモデルは、進化版として50年代後半に完成。強固な防水性能はそのままに、ベゼルをスリムにすることでエレガントなルックスになった。その新作は300m防水のケースをセラミックで仕上げており、独特のグレーカラーでしっとり落ち着いた雰囲気に。

Text=篠田哲生 Photograph=鈴木泰之 Styling=石川英治(T.R.S) Illustration=佐伯ゆう子

本記事の内容は16年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)