【グランドセイコー】暗雲を吹き飛ばすような意欲的新作ウォッチ⑥

新型コロナウイルスが世界を一変。ウォッチシーンも例外ではなく、新作発表会が中止や延期を余儀なくされている。一体新作はどうなるのか!? しかし心配ご無用。主要ブランドからは、新作情報が続々と届いている。そんななかから、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! こんなときだからこそ、暗雲を吹きとばすような時計のパワーを改めて感じてほしい。

「スプリングドライブ」の進化を体感できる最新スポーツモデル

ブランドの設立60周年を迎えた2020年、グランドセイコーの新作ラインナップはいつにも増してバラエティ豊かな顔ぶれが並んでいる。その中から新たな歴史の1ページを刻む革新的なダイバーズウォッチを紹介しよう。

こちらの限定モデルSLGA001は、2004年に誕生した自社ムーブメント「9Rスプリングドライブ」の進化形である「スプリングドライブ5Days」のデビューという大役を任された話題作だ。ここでの主役を担うのは、心臓部に宿る「キャリバー9RA5」にほかならない。この新型ムーブメントの注目すべきポイントを挙げていこう。

機能はもちろんのこと、美しい外観を備えていることも「キャリバー9RA5」の特徴だ。長野県塩尻の美しい自然からインスパイアされたデザインは見る者を魅了する。

セイコーが独自開発した「スプリングドライブ」とは、動力は機械式時計のゼンマイを用いつつ、クオーツと同じ仕組みのIC・水晶振動子の電気信号を利用した調速機構「トライシンクロレギュレーター」を使用する唯一無二のムーブメントである。流れるようなスイープ運針の動きは時の流れを映し出し、月差±15秒という驚異的な数字を実現している。

あらゆる角度から「スプリングドライブ」の進化を目指した「キャリバー9RA5」が手に入れた新たなスペックは、ムーブメントの薄型化による快適な装着感と堅牢性の両立、約120時間(5日間)持続のロングパワーリザーブ、月差±10秒の高精度などが挙がる。

600m飽和潜水仕様のプロフェッショナルダイバーズは、「キャリバー9RA5」のポテンシャルを引き出すにはうってつけであり、圧倒的なタフネスは信頼の証に等しい。グランドセイコーが満を持して贈る、“最新かつ最強のスポーツウォッチ”がここにある。

より薄く設計された新しいダイバーズウォッチは、グランドセイコーが持つ品格と過酷な環境を耐え抜く機能を兼ね備えている。左のSLGA001が700本、右のSLGA003が60本限定。いずれも、スプリングドライブ、ブライトチタンケース、径46.9mm、¥1,150,000。2020年8月1日発売予定 (発売日は変更となる可能性があります)。
SLGA001の文字盤には、ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」が採用されている。

問い合わせ
グランドセイコー専用ダイヤル  TEL 0120-302-617


Text=戸叶庸之