海の計器を連想させるレゼルボワールの最新ダイバーズウォッチ

フランスの新鋭時計ブランド、レゼルボワール。新作ダイバーズウォッチは、250m防水とヘリウムガスエスケープバルブも備えた本格仕様だ。
  

独創性あふれるダイバーズ

幼い頃からの海への憧れとかき立てられる冒険心をジュール・ベルヌはノーチラス号のネモ船長に重ね合わせたのだろう。『海底二万里』は19世紀、まだ未知だった深海への扉を開いた。

今読んでも心躍る空想の世界にリアリティを与えるのが当時の最新科学に裏づけられた緻密なメカニズムだ。艦内には特別な計器が並び、外圧から水深を測る水深計や、水深によって変わる水温を示す測温式水深計などベルヌのマニアぶりがうかがえる。

レゼルボワールも計器の機能美に魅せられたマニアが生んだブランドだ。ダイバーズウォッチでは珍しいジャンピングアワーとレトログラードの針表示はタンクの残圧計を思わせ、回転式ベゼルは減圧停止時に設定し、たとえ分針が帰零しても経過時間を継続して示す。その独創性はベルヌも顔負けだ。

フェイス下部には約37時間のパワーリザーブ表示を装備する。自動巻き、SSケース、径45mm。「ハイドロスフィア ブラックフィン」¥614,000


問い合わせ
一新時計 TEL:03-6854-5802

Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ